メニュー

李朝好き - 韓国骨董 李好

TEL:075-532-5877

〒605-0089 京都府京都市東山区古門前通大和大路東入元町367-4 杉山ビル2階 *京阪三条駅より徒歩3分

 

京都府公安委員会許可第611251830002号 TEL/FAX:075-532-5877 営業時間 11:00~18:00 定休日 水曜日

 

李朝好き

「李朝好き」(店主ブログ)

当店の店名「李好」は、「李朝好き」からとったものです。
「李朝好き」の「おりこうさん」が集う店になればという、李朝好きの店主の思いが込められたものです。
こちらでは、店主の日常や紀行、京都の骨董関連イベントの紹介、また京都やソウルの骨董街をご訪問されるお客様のために、

京都市内とソウルのグルメ情報もご提供させていただいております。

「昨夜の晩酌」へはこちらをクリック

「京のお食事処」へはこちらをクリック

「ソウル情報」へはこちらをクリック

本日の平安蚤の市、古裂會下見会中止

カテゴリ: 李朝好き 作成日:2021年05月10日(月)

本日10日(月)開催予定でした平安蚤の市(左京区岡崎公園)と古裂會第118回オークション下見会(左京区みやこめっせ)は、先にお知らせしたとおり、開催中止となりました。古裂會の下見会の方は、明日11日(火)も開催予定でしたが、当然のことながら明日も中止です(古裂會のオークション下見は、本社の方で予約の上できます。詳細については、古裂會の公式ホームページをご参照ください)。理由はご承知のとおり、京都府に対して緊急事態宣言が発出されたことによるものです。さらに先日、11日(火)までの予定だった緊急事態宣言が今月(5月)末まで延長され、京都府もその対象となったため、今月21日(金)の東寺・弘法市も開催中止が決定しました。おそらく、25日(火)の北野天満宮・天神市も開催中止になるでしょう。そちらの方も、今後案内がありましたら「お知らせ」欄でご報告します。

新型コロナウィルス感染者数の方は、緊急事態宣言の効果も見えず、各地で増加中です。東京もまた昨日は1,000人超えでしたね。それでもまだ、オリンピックは開催するつもりなんでしょうかね。聖火リレーや、オリンピックのテスト競技等で人を集めておいて、国民に自粛を要請、一部業界に休業や時短営業を十分な支援も無しに要請されたんでは、さすがに納得いきませんよね。中止にするか延期にするかは、今後協議することにして、まずは年内の東京オリンピックの開催はしないことを決定すべきでしょうね。早くした方がいいと思うんですけどね。

今月はそんな訳で、骨董関連イベントもすべて中止になりそうですし、食べ歩きもし難い状況ですので、こちらのブログの方もネタ不足で更新がなかなか出来そうにありませんね。晩酌の回数増やす訳にもいきませんのでね(笑)。

DSC 3312 3  DSC 3136 2  DSC 1904 2

昨夜の晩酌(井戸手片口の巻)

カテゴリ: 昨夜の晩酌 作成日:2021年05月06日(木)

DSC 3802 2ゴールデンウイークも昨日で終わりましたね。期間中、京都の観光地の人出は少なかったですね。と言っても、私はその間清水寺近くの自宅から古門前の店舗までの往復しかしていませんので、東山地域限定の話ではありますが。しかしながら、全国の観光地の人出は、昨年と比べるとかなり多かったようですね。新型コロナウィルスの感染者数は、ここ数日は減少傾向にあるようですが、これは連休中でPCR検査の被検者が少なかったからだと思いますね。明日以降にまた感染者数が急増しなければいいんですけどね。

京都を含む4都府県の緊急事態宣言は延長されるみたいですね。2週間か5月末までの延長になるようです。この連休中にまん延防止措置の適応を政府に要請した自治体もありますが、なんで連休前に全国を対象に緊急事態宣言を発出しなかったんでしょうね。それでもオリンピックは強行するんですかね。有事にオリンピックやるべきですかね。世論調査で国民の7割以上が、オリンピックの中止または延期を望んでる中で、どうしてやるんでしょうかね。この件については、まだまだ言いたいことは山ほどありますが、話がどんどん骨董から離れて行きますので、これぐらいでやめときましょう(笑)。

ゴールデンウィーク最終日の昨夜の晩酌です。

井戸手の片口は、店に置いていた物を持ち帰って使いました。割れたものを継いであります。元々は、共直しがされていたのですが、プロにお願いして銀で継いでもらいました。全体に貫入が張りめぐらされ、見込と高台周辺にはカイラギが見られます。李朝の片口自体が貴重ですが、井戸手の片口となるとさらに貴重度は増します。それでも唐津の片口ほど高価ではありません。口径がおよそ16.0~16.5cm、高さも約9cmありますので、大きいしお酒が入り過ぎる感じがするかも知れません。しかしながら、実際にはお酒をいっぱいいっぱいまで入れるのではなく、注ぎ口の穴の下までですので、1合半~2合までになります。酒の出も切れもよいので、使い易いです。

盃の方も井戸手ですが、こちらは以前に一度ご紹介したことがあります。まだこの「昨夜の晩酌」に副題の無かった2018年10月08日の記事でご紹介しています。その時は追加写真が無く、見込しか映っていませんでしたが、この盃の本当の魅力は裏の高台周辺のシミなんです。今回は追加写真でそちらをお見せしています。実にいいアジになっています。口縁に金継ぎが2箇所有ります。

お料理の方ですが、鯖の味噌煮は李朝初期の堅手小鉢に、白和えは伊羅保の小鉢に、それぞれ盛り付けてみました。鯖の味噌煮は缶詰なのですが、前回の海鞘のオリーブオイル漬けと前々回の牡蠣のオリーブオイル漬けと一緒に、ソウル留学時代初期に一緒だった東北の方から送っていただいたものでした。ありがとうございました。

酒の肴が2品と少ないようですが、もちろんこれだけではお腹一杯になりませんので、この後追加で食べてます(笑)。膳の上の酒器とお料理のバランスを考えて、これだけにしたものです。コロナ禍の影響による売り上げ減少で、食べるもの買えなくなった訳ではございませんので、どうぞご心配なく(笑)。

DSC 3768 2 DSC 3773 2 DSC 3783 2 DSC 3785 2

今日から5月 2021

カテゴリ: 李朝好き 作成日:2021年05月01日(土)

5月になりました。京都は昨年に続き今年も、緊急事態宣言発出下のゴールデンウィークとなりました。今日から5連休となります。京都の観光地は人の出が少なくなっていますが、去年のゴールデンウィークの時よりは、やっぱり少し多い感じですかね。

今日、店に来る際に東山区の安井金毘羅宮を抜けてきました。こちらは良縁を結び、悪縁を切る穴くぐりの大石があることで有名です。今日はどうかなと思って、石のところへ行ってみると10~15人ぐらいの人が並んでましたね。午前中でしたし、さすがに人いないだろうと思ったんですが、残念な結果でした。

次の写真は、京都五花街の一つである祇園甲部の歌舞練場です。こちらは耐震工事中で、もう何年も春4月の「都をどり」の会場としては使用されていないのですが、ここ2年は新型コロナウイルスの影響で「都をどり」自体が続けて中止となっていました。その代替の催しとして、芸舞妓による小公演「春の雅(みやび)」を4月12~20日の日程で、弥栄会館(2番目写真左に写った建物です)内の小劇場・ギオンコーナーで開催していたのですが、こちらも出演者の芸舞妓2人が新型コロナウイルスに感染したため、期間途中で中止となっていました。とにかく、新型コロナ禍による各種イベントへの影響が大きいですね。

今月の京都の骨董関連イベントも、既に明日2日(第1日曜)の東寺ガラクタ市、10日(月)の平安蚤の市の開催中止が決まったことは、こちらの「お知らせ」欄でも既にご案内したとおりです。

10日(月)・11日(火)に、みやこめっせで予定されていた古裂會の第118回入札オークションの下見会は、緊急事態宣言により中止となっています。古裂會本社での予約下見のみの開催となります。滋賀県野洲市の琵琶湖ハウスでの下見会は開催されるということです。詳細は、古裂會ホームページにてご確認ください。

(古裂會ホームページへは、こちらをクリック https://www.kogire-kai.co.jp/)。

今のところ、21日の東寺・弘法市と25日の北野天満宮・天神市については、開催の可否についての案内はありません。今後、開催中止などの発表があれば「お知らせ」欄にてご案内するようにいたします。現在のところ、東京・京都・大阪・兵庫への緊急事態宣言発出の期間は、11日(火)までとなっていますので、感染者数が減少し、予定通りに解除されてくれればいいのですけどね。しかし、残念ながら感染者数が減少してませんからね。延長されそうですよね。

当店は、ゴールデンウィーク中も通常通り営業いたします。通常通りですので、5日(水・祝)は水曜定休のため、お休みいたします。

最後の写真は、昨年もご紹介した四条花見小路の一力さんの鯉のぼりです。本当に最近は、鯉のぼり上げる家を見られなくなりましたよね。5日こどもの日はお休みですので、家で柏餅食べましょうかね(笑)。

DSC 3736 2 DSC 3739 2  DSC 3748 2

3度目の緊急事態宣言発出下の京都

カテゴリ: 李朝好き 作成日:2021年04月28日(水)

25日(日)に東京・大阪・京都・兵庫の4都府県に緊急事態宣言が発出されて今日で4日目になります。

ここまででは、近畿2府1県の感染者数は拡大し続けています。今日は大阪が過去最多の1,260人、兵庫過去2番目の600人、京都も140人といずれも高い数値です。全国的に街の人出は減っていないということなので、心配な限りです。

今日は水曜日で定休日でしたので、クリーニング屋さんに行くついでに、観光地の様子を見てきました。

少し遠回りして見て来た家から最も近い清水寺周辺ですが、やっぱり観光客の姿はほとんど見られませんでしたね。皆無ではありませんが見かけても2,3人程度というレベルでした。最初の写真が清水坂で、次が産寧坂(三年坂)、その次が二年坂です。平日で、お天気が朝から雨が降ったりやんだりという気候条件ではありましたが、第1回目の緊急事態宣言の時のような感じでしたね。

DSC 3700 2  DSC 3703 2  DSC 3707 2

クリーニング屋さんは、東山三条の辺りにありますので、その後、円山公園、八坂神社、知恩院と見てきましたが、いずれも観光客の姿は、ほとんど見かけませんでしたね。最初が円山公園です。この写真を撮ったところではない、ひょうたん池の辺りに、5,6人の観光客らしいグループがいましたが、他には、工事の人が3人で芝生の植え替えか何かの作業作業をしてました。次が八坂神社ですが、こちらもお参りしている人が2人いましたね。祇園祭の山鉾巡行と神輿渡御は今年も中止が決まりましたね。まさか2年続けて中止になるとは、去年の時点では考えてもいませんでしたけどね。相変わらず茅の輪は設置してありましたが、相当長いこと茅を張り替えていないようで、まっ茶色の茅の輪でしたので、もう写真撮る気にもなりませんでした(笑)。次が知恩院の三門前です。こちらも写真の右端の方に上から降りてくる男性の姿が小さく写っていますが、その人以外は誰もいませんでしたね。

DSC 3719 2  DSC 3720 2  DSC 3715 2

次の写真が、八坂神社の西楼門の石段から撮った四条通です。四条通は京都市内のメインストーリーです。やっぱり車の数は少なかったですね。市バスには、乗ってはいませんが外から見た様子では、やっぱりガラガラでしたね。京都駅方面から来る系統のバスは、立っている乗客の姿もちらほら見えましたが、それ以外のバスでは席に余裕がある感じでした、

時間帯は午後の1時~2時ごろで、東山地域限定でしたが。思った以上に人の出が少なかったので、少し安心しました。本当は、市内で最も人の出の多い四条河原町辺りの様子も見て来ればよかったのですが、今日はそちら方面に行く用事がなかったので行きませんでした。用事も無いのに行くと不要不急の外出になってしまいますからね(笑)。いつもの定休日には、薬局に行くので四条河原町方面に出るのですが、今日はたまたま必要なものがありませんでしたのでね。今日のところは人出が少なくてホッとしましたが、明日からがゴールデンウィーク本番ですので、どうなるやら心配な限りです。

今日もお弁当をいただきました。今日は実家近くにはあるけれど、行ったことは無い祇園の椿さんのお弁当でした。

最後の写真は自宅裏の躑躅(ツツジ)です。22日にこちらでご紹介した時には、まだ咲き始めでしたが、今日見るといい感じに咲いていましたので、今一度ご紹介しておきます。

DSC 3727 2  DSC 3735a 2  DSC 3698 2

昨夜の晩酌(美白肌の白磁盃の巻)

カテゴリ: 昨夜の晩酌 作成日:2021年04月24日(土)

DSC 3680 2明日(4/25)から、東京・大阪・京都・兵庫の4都府県を対象に、緊急事態宣言が発出されることになりましたね。期間が5月11日(火)までというのは、東京の「まん延防止等重点措置」の期間に合わせたのとゴールデンウィーク期間中の短期集中措置ということなんでしょうが、さすがにちょっと短すぎませんかね。対象地域も全国にしないと連休中の人の移動は止められないですよね。

気の毒なのは百貨店です。休業要請で協力金1日当たりが20万円とのことで、全くお話になりませんよね。そもそも、私の子供の頃なら百貨店は入り口付近から人が溢れていましたが、今は食品売り場、食堂街、催し場以外はガラガラで密な状態ではありませんので、全館休業の必要なんかなく、食堂街と催し場の休業だけで十分だと思いますがね。そんなことより、期間中に旅行をしないようにと、もっと強く国民に訴えるべきだと思いますが。出張や帰省は別ですが、旅行は不要不急の外出ですからね。これで、特に大阪の感染拡大が少しは収まってくれるといいんですけどね。

そんな中、昨夜の晩酌です。

李朝初期白磁の徳利は、以前にも一度ご紹介しましたが、青みがかった釉薬が大変美しい徳利です。残念ながら口に結構大きめの金直しが2か所有りますし、高台には窯キズもありますが、容量1合半程度と独酌用の徳利として大変良いサイズです。久しぶりに使ってみましたが、やっぱり穴が大きくてお酒の出やすい徳利は、使い易いですね。(前回の紹介記事(2019年06月11日作成)へは、こちらをクリック)

李朝初期白磁の盃は、今回が初登板です。これ、店の方に置いていたのですが、昨日持ち帰って使ってみました。段々と初めてご紹介する酒器が無くなってきました(笑)。こちらの盃は、なんと言っても白い肌の美しさが半端ないです。私が持っている白磁の盃の中では断トツで美しい白い肌です。残念ながら写真では分かりづらいですが。状態の方も、無傷完品で申し分ないのですが、サイズの方が口径6.2cm、高さ3.3cmと小ぶりです。ちょっと残念なサイズですが、チビチビやりたい方にはこれで十分だと思います。そういう私は、このサイズのため、これまであまり使ってきませんでしたね(笑)。でも、今の酒量ならこれでいいかも知れません。

お料理の方は、鯛のアラ煮は李朝後期分院の白磁大皿に、竹の子とゼンマイ、高野豆腐の煮物は李朝初期の堅手茶碗に、海鞘のオリーブオイル漬けは李朝初期の堅手小鉢に、それぞれ盛り付けてみました。

明日の天神さんは開催中止になりましたので、明日の朝はゆっくり寝てられます(笑)。

DSC 3664 2 DSC 3655 2 DSC 3667 2 DSC 3674 2

自宅裏の躑躅(ツツジ) 2021

カテゴリ: 李朝好き 作成日:2021年04月22日(木)

新型コロナウィルス感染拡大が止まりません。東京都・大阪府・京都府・宮城県・沖縄県を対象に適用されて来た「まん延防止等重点措置」は、宮城県以外では全く効果が無かったですね。特に大阪ではもう既に病床に空きがなく、重症患者が入院できない状態です。東京・大阪・京都・兵庫で、政府に対し緊急事態宣言の発出を要請しており、25日(日)か26日(月)に4都府県を対象に緊急事態宣言が発出される模様です。しかしながら、これ4都府県だけじゃなくて、全国規模で緊急事態宣言を発出して、ゴールデンウィーク中の人の移動を止めに行かないとダメでしょう。旅行こそ不要不急の外出・移動ですからね。

コロナ禍の影響を受けて、結局今月も昨日21日(水)の東寺・弘法市も25日(日)の北野天満宮・天神市も開催中止となったのは、既に「お知らせ」欄でご連絡したとおりです。この状況では、来月も開催が難しいですかね。

そんな状況下でも、今年も自宅裏の躑躅(ツツジ)が咲きました。まだ咲ききった感じではありませんが、多分この週末あたりには、満開というのでしょうか、咲ききった状態になるでしょうね。春は、桜の次は躑躅(ツツジ)と花が楽しめてありがたいです。自分の家の庭でもないので、毎年何の手入れも必要ありませんのでね(笑)。毎年、ゴールデンウィーク中に見頃になる感じなので、今年は桜もそうでしたが、例年より早いようです。

DSC 3653 2 DSC 3650 3

昨夜の晩酌(迫力のヌシ様刷毛目平盃の巻)

カテゴリ: 昨夜の晩酌 作成日:2021年04月15日(木)

DSC 3580 3新型コロナウィルス感染者数、大阪ではついに一昨日から1,000人を突破してしまいましたね。兵庫県でも500人超え、京都も100人超えました。東京も今日は700人超えたようですし、これはもう、来週中に全国を対象に緊急事態宣言を発出して、ゴールデンウィークの人の移動を抑えないと、とんでもないことになりそうです。オリンピックとか言ってる場合ではないと思うんですけどね。

そんな状況下だからこその家飲み、昨夜の晩酌です。

金海手の初期堅手の徳利は、以前にも一度ご紹介したことがあります。口と高台に直しがあります。よく育つ手のもので、前回の時よりもさらにいいアジが付いていましたね。購入した当時は、頑張ってこれで毎日飲んで育てていました。本当によく育ってくれました。最近では前回(2019年09月29日)以来の使用でしたが、ここまで使い倒した酒器というのは、箱の中でさらに育つんです。日ごろ使っていなくても、久しぶりに箱から出してみると、見違えるように立派に育っていることがあります。こいつも、そんな類の一本です。容量は2合を少し超えます(前回2019年09月29日の記事へはこちらをクリック)。

刷毛目の平盃は、店から持ち帰って来たものです。こちらは開店当初から店の棚のいいところに置かれている、所謂ヌシ様です。たっぷりとした白泥で力強く描かれた刷毛目が迫力です。口径が10cmを少し超える程度の良いサイズで、深さもしっかりあって小皿の代用といった感じではなく、立派に酒盃に適した刷毛目の平盃です。口縁に欠けとみられるところがありますが、これは窯キズです。見込みの口縁部に若干の釉薬の剥がれが見られる程度で、ほぼ無傷です。これまでの使用により、いい感じにシミが出て大変よいアジになっています。久しぶりに使ってみたら、さらにいい味が付きましたね。今日、店に戻す予定だったのですが、持って出るのを忘れてしまいました(笑)。明日は忘れないように、持って来なければ。

お料理の方ですが、ローストビーフはこちらも金海手の李朝初期堅手皿に、ゼンマイ煮は李朝初期の堅手小鉢に、牡蠣のオリーブオイル漬けは三島の小鉢に、それぞれ盛り付けてみました。

DSC 3589 2 DSC 3605 2 DSC 3596a 2 DSC 3600 2

平安蚤の市 2021.4

カテゴリ: 李朝好き 作成日:2021年04月11日(日)

DSC 3536 2こちらのブログの方、4月1日以来ですから随分と間隔が空いてしまいました。

その間にも、新型コロナウィルス感染者が大阪を中心に激増し、大阪府・兵庫県・宮城県に対して、「まん延防止等重点措置が、5月5日までの期間で適用されました。さらに明日12日(月)からは、東京都・京都府・沖縄県の3都府県が適応対象に追加されます。大阪は連日800人台後半から900人超えの感染者が出ています。なんとか1,000人超えずに持ちこたえているという感じですね。このままでは、到底感染拡大を抑えることは出来ませんので、ゴールデンウィーク前の4月26日(月)までには、全国を対象にした緊急事態宣言を発出して、ゴールデンウィークの人の流れを止める必要があるでしょうね。

そんな状況下で、開催されるか注目していた平安蚤の市ですが、開催されましたので、開店前に見て来ました。基本毎月10日に開催なのですが、今月はお知らせしていたとおり、本日11日(日)の開催です。お天気も良く、日曜日ということもあってでしょうが、こういう状況下にも拘らず、人の出は多かったですね。着いた瞬間に「うわー!危な、早よ帰ろ!」と思ってしまいました(笑)。

骨董の会のお仲間のTさんご夫婦が、今回は出店されてました。前回の特別開催(3/28)の時は、パルスプラザ(伏見区竹田)で開催された京都アンティークフェアに出店していらっしゃったので、こちらにはいらっしゃいませんでした。Tさんご夫婦は器の直し(金継ぎ等)を請け負っておられまして、いつも店頭の「こわれた器直します」の看板が目印なのですが、今回は写真のように看板がお店の横に、横向けにして立て掛けて置かれていまして、最初分からずに素通りしてしまいました(笑)。本日の目玉は、店の前に置かれたスペイン製の櫃とのことでした。これ、上の蓋が開きまして、子供だったら十分入れます(笑)。お値段55,000円でした。売れたらいいですが、持って帰るのが大変ですね。

DSC 3564 2 DSC 3558 2 DSC 3534 2 DSC 3561 2

今回も面白いものありました。マネキンの胴は海上がりなのでしょうか?筒から飛び出たキューピーちゃん(笑)、可愛い!懐かしい、クレクレタコラの人形も発見しましたよ(写真8番目、最後から2番目)。クレクレタコラは、1970年代前半期に午後7時前の5分枠で毎日(日曜はお休み)放送されていた被り物の人形劇です。怪獣のタコラをはじめ、登場する被り物のキャラは皆見た目はゆるいのですが、内容は結構暴力的で、何か気に食わないことがあると棒でボコボコに殴ったりしてましたね(笑)。今だったら、多分放送できないでしょう(笑)。

平安蚤の市は、平安神宮前の岡崎公園で基本毎月10日に開催される蚤の市で、多い時には150店舗の骨董店、古道具店、古着店が全国より集まります。次回は5月10日(月)開催です。

DSC 3546 2 DSC 3554 2 DSC 3542 2 DSC 3538 2

今日から4月(2021)

カテゴリ: 李朝好き 作成日:2021年04月01日(木)

4月になりました。新しい年度になりましたね。

京都の桜はもう散り始めていまして、この週末が最後のお花見かと思っていたら、日曜日は雨のようですね。3日(土)でお仕舞いになりそうですね。

新型コロナ禍の方が、また大変ですね。つい先日、首都圏の緊急事態宣言が解除されたところなんですが、もう第4波の到来のようですね。大阪の感染者数が東京を超えて、昨日は599人ですか。兵庫県の200人超えてますしね。そんな訳で、大阪府と兵庫県、それと宮城県に対して、緊急事態宣言の前段階として位置づけられる「まん延防止等重点措置」(まん防)が適用されるようですね。期間は5日から5月5日までの31日間のようで、今日夕方に正式決定するようです。しかしながら、このままではゴールデンウィーク前の4月下旬からは、全国に緊急事態宣言を発出しなければならなくなりそうですね。

今月の京都の骨董関連イベントとしては、東寺ガラクタ市が4日(日・第1日曜)、11日(日)に平安蚤の市が岡崎公園平安神宮前広場で(今月は10日ではなく11日の開催です)、21日(水)と25日(日)に、それぞれ東寺・弘法市と北野天満宮・天神市が、今のところ開催予定です。

しかしながら、今の新型コロナウィルス感染拡大状況を見ていると、予定の変更があるかもしれませんね。開催の中止など予定変更につきましては、分かり次第「お知らせ」欄でご報告いたしますので、そちらをご確認ください。

DSC 2977 2 DSC 3460 2 DSC 3368 2 DSC 3457 2

昨夜の晩酌(ダブル一時帰宅の初登板の巻)

カテゴリ: 昨夜の晩酌 作成日:2021年03月30日(火)

DSC 3437 3京都の桜はもう満開を過ぎ、散り初めになって来ています。今週末まで何とかお花見を楽しめるでしょうか。桜の開花に合わせるように、京都は他府県からの観光客が増えています。20代の若い人の2、3人~5、6人ぐらいの小グループが目立ちますね。卒業旅行なんでしょうかね。

新型コロナウィルス感染者数がまた増加していますね。もう下げ止まりとは言えない状態ですね。大阪の感染者数も東京のそれを上回る時もありましたね。京都もこれだけ人が移動すると、感染者急増は時間の問題でしょうね。このままでは、ゴールデンウィークの前に、また緊急事態宣言を発出しなければならないのではないでしょうかね。困ったことです。いつまで続くのでしょうか。多分、治療薬ができるまでは収まらないのでしょうね。

個人的にできることは、これまで言われて来たとおり、とにかく大人しくしていること。マスク着用、手洗い・手消毒、移動・会食を控える。ということで、私の感染対策としての家飲み、昨夜の晩酌です(笑)。

高麗青磁の徳利は、無傷完品です。青磁釉の色もよく、丸っこい愛らしい形をしています。私は個人的には、もう少し高さのある真ん丸な徳利の方が好きですが。この徳利も、開店当初から店にあるのですが、売れずにあるヌシ様です。今日、また店の棚に戻してあります。高さ9.5cm、容量は約1合半と独酌サイズです。

盃の方も店から持ち帰ったものですが、こちらはヌシ様ではありません。去年の年末に店に来ました。状態は、口縁に金継ぎが1箇所、ニュウが2本あります。しかしながら、見込にも器体の側面にも、使用によりシミが出ており、いいアジになっています。高台内や周辺には、釉薬がカイラギ状になっているところが見られ、見どころが多く、口径が7cmとサイズも大変よい盃です。使用により、まだまだいいアジに育って行くことが期待できる、楽しみな盃です。こちらも既に店のケースに収まっていますので、あとはご購入いただいたお客様に育てていただきましょう。

料理の方ですが、海鮮チヂミは李朝後期分院の白磁皿に、オクラとモロヘイヤの長芋和えは三島の小鉢に、すぐき漬けは李朝分院末期の染付皿に、それぞれ盛り付けてみました。

「すぐき漬」はかぶらの一種のすぐきと塩だけで漬け込まれ、乳酸発酵による酸味が特徴の京都の漬物です。

DSC 3409 2 DSC 3408 2 DSC 3415 2 DSC 3425 2

Copyright © 韓国骨董李好 All Rights Reserved. login