メニュー

李朝好き - 韓国骨董 李好

TEL:075-532-5877

〒605-0089 京都府京都市東山区古門前通大和大路東入元町367-4 杉山ビル2階 *京阪三条駅より徒歩3分

 

京都府公安委員会許可第611251830002号 TEL/FAX:075-532-5877 営業時間 11:00~18:00 定休日 水曜日

 

李朝好き

「李朝好き」(店主ブログ)

当店の店名「李好」は、「李朝好き」からとったものです。
「李朝好き」の「おりこうさん」が集う店になればという、李朝好きの店主の思いが込められたものです。
こちらでは、店主の日常や紀行、京都の骨董関連イベントの紹介、また京都やソウルの骨董街をご訪問されるお客様のために、

京都市内とソウルのグルメ情報もご提供させていただいております。

「昨夜の晩酌」へはこちらをクリック

「京のお食事処」へはこちらをクリック

「ソウル情報」へはこちらをクリック 

「李好のヌシ」へはこちらをクリック

節分 2023

カテゴリ: 李朝好き 作成日:2023年02月03日(金)

20230203①今日は節分でしたね。今年も巻き寿司と大きなイワシをいただきました。一昨日に既に大きなイワシを昨日も祇園川上さんの巻き寿司1本をいただいていました。今日で3日続けて節分のお料理でした(笑)。

今日イワシ一匹と巻き寿司3本をいただきましたよ。写真の巻き寿司は、奥の方が海鮮がたくさん入った太巻きで、手前の細いのは韓国海苔巻きのキムパㇷ゚です。いずれも1本の半分ですが、1本は太巻きでしたので、実質1本半ぐらいでしょうか。実はこの他にまだ巻き寿司をもう1本さらにいただいていました(笑)。この写真に写っていないもう1本は細いものでしたので、そちらだけを恵方を向いてまるかぶりしました。今年の恵方は南南東でしたね。

イワシは今日もらった写真の物はやや細いのですが、一昨日いただいた物の方が一回り大きく、よく肥えて脂がのっていましたね。今日のイワシはちょっとよく焦げていましたが、私は焼き魚はこれぐらいよく焼いたものの方が好きです。今日は日本酒はやらず、サッポロの「麦とホップ」で一杯やりました。「麦とホップ」は他の発泡酒や第3のビール等に比べてコクがあり、本当にビールに近いというか、ほぼビールの味わいが楽しめていいですね。お値段の方もお安いですしね(笑)。

巻き寿司もイワシも今年もまたいただけて本当にありがたいことです(笑)。でも毎年節分の晩ご飯は炭水化物の摂り過ぎになるのが、やはり気にはなりますね(笑)。

早くも2月になりました 2023

カテゴリ: 李朝好き 作成日:2023年02月01日(水)

つい最近年が明けたと思ったら、もう1か月が過ぎたんですね。早い。本当に早いです。

先週の大雪の残雪ももうほぼ解け、今日は午後になってからずいぶん寒さが和らぎました。しかし天気予報によると、まだ朝晩はしばらく冷え込むようです。

2月は京都の骨董関連のイベントが少ないです。下記の通りです。

 2月 5日(日) 東寺ガラクタ市

   21日(火) 東寺・弘法市

   25日(土) 北野天満宮・天神市

毎月基本10日に開催される平安蚤の市(開催地:左京区岡崎公園内平安神宮前広場)が、今月はお休みです。

そんな訳で、今月は上記の三つのみとなります。ちょっとさみしいですね。

来月は平安蚤の市が開催されますし、古裂會の入札オークション下見会(会場:左京区岡崎公園内みやこめっせ)と京都アンティークフェア(会場:伏見区竹田 京都パルスプラザ)なども開催されるんですけどね。

今月はブログネタが少ないので、あまり行かない東寺ガラクタ市にも行ってみようかと思っています。来月あたりには、久しぶりにソウルに行ってみたいとは思っているんですけどね。どうでしょうね。

また当店では、今月も引き続き李朝酒器を追加出品中です。日本酒(銘柄:菊正宗)のプレゼントも引き続き実施中ですので、何卒よろしくお願いいたします。

※写真は過去(昨年)のものです。

20230201① 20230201② 20230201③ 20230201④

昨夜の晩酌(意外にも初登板の井戸手盃の巻)

カテゴリ: 昨夜の晩酌 作成日:2023年01月29日(日)

20230129①今日の京都は朝からいいお天気でホッとしています。24日の夕方から翌日にかけて降った雪が積もり、だいぶ解けかけて来たと持っていたら、一昨日27日の晩にまた降った雪が積もったので、心配していました。しかしながら、27日の雪は量的にも少なかったですし、雪質も水分の多い解けやすい雪でしたので、地面の凍結の恐れはほぼなくなりました。今気を付けなければいけないのは、大屋根に積もっていた雪がドサッと落ちてくることでしょうか。結構な量の雪が落ちてきます。まあ、とは言っても北海道や東北地方などの雪国のように、屋根から落ちてきた雪に埋もれてしまうと言う程のものではありませんが。雪国の人たちから見たら「何をその程度の雪で」と思われるでしょうね(笑)。

昨夜はまた頂きものが多くて、それらをあてに飲みとなりました。ありがたいことに、毎日もらった物ばかり食べてます(笑)。食うに困らないとはまさに今の私の状態ですね(笑)。

井戸手の盃は長く店にあるものですが、昨日持ち帰って久しぶりに使ってみました。これが意外にもこちらでご紹介するのが初めての初登板でした。このブログをはじめてから4年半ぐらいになると思いますので、結構長いこと使ってなかったんですね。貫入がくっきりと出たアジのいい盃で、底部にはカイラギも出ています。使い込めば貫入もさらに深くなっていくでしょう。サイズも口径約7㎝、高さも4.8㎝と大き過ぎず、小さ過ぎず、まさにベストなサイズです。

20230129② 20230129③ 20230129④

徳利の方は、こちらで何度かご紹介していました、口欠けの三島象嵌徳利です。口部の半分以上を欠いており、銀直しがされています。穴がやや小さめですが、これぐらいの大きさですとお酒を注ぐのはもちろん、内部の汚れの状態など確認するのにも問題はありません。キズ物だけに普段使いに気楽に使えて、いい三島の徳利です。

お料理の方ですが、トンカツは李朝初期金海手の皿に、いんげんの胡麻和えは李朝初期白磁の小皿に、大根とお揚げの炊いたんは伊羅保手の小鉢に。ひじき煮は三島の盃にそれぞれ盛り付けてみました。

そろそろ少し寒さが和らいでくれるといいんですけどね。

20230129⑤ 20230129⑥ 20230129⑦

寒波継続 転倒注意

カテゴリ: 李朝好き 作成日:2023年01月26日(木)

昨日は店の定休日(水曜)でしたので、家で大人しくしていましたが、今日はちょっと遅めになりましたが12時から開店しています。

一昨日の晩から昨日の朝にかけては雪だけでなく風も強く、まさに吹雪の中で京都を中心に関西の交通が麻痺しておりました。電車の中で数時間、特に長い車両では10時間近くも車内で缶詰め状態といったことまで起こっていたようですね。帰宅時の人や観光に来て巻き込まれた人もいたでしょう。本当にえらい災難でしたね。

幸い昨日の昼以降はそれほど雪が多くは降りませんでしたので、さらなる積雪ということはありませんでしたが、気温の方が上がらないため、凍って固まった雪が解け切らず道が大変滑りやすくなっています。

1枚目の写真が八坂神社ですが、写真で分かるように車の往来が多い道路ではもう雪は解け切っているのですが、屋根の上はまだ雪で真っ白ですし、歩道の一部にはまだ凍って溶けかけた雪が残っています。さらに、車の往来が少ない細い道になりますと日当たりの悪さもあり、まだ道が凍っているところが多く危険です。

写真2番目と3番目が店のある古門前通りなんですが、まだ道が凍っていて結構歩くの怖いです。午後からいいお天気になって来ましたので、帰りの時間までに早く雪が解けてくれるといいんですけどね。京都に降る雪は、水分の多い踏んで歩くとビチャッビチャッという音がして溶けるような雪であることが多いのですが、今回の雪は踏むとギュッギュッという音がして、溶けずに固まる感じのもので明らかに雪質が違いました。雪国で降るパウダースノーというタイプのものだったんですね。

帰りも徒歩ですので、滑って転倒しないように気を付けて帰りたいと思います。特に自宅前の坂道が怖いんです。ああっ、まだ18時前までは営業中ですので、もしご来店いただけるようでしたら、どうぞ足元にお気をつけてお越しください。

20230126① 20230126② 20230126③

欠席 初天神 2023年

カテゴリ: 李朝好き 作成日:2023年01月25日(水)

今日は25日で北野天満宮・天神市、今年最初の初天神の開催日なのですが、今日は行くのをお休みしました。理由は昨日からの吹雪による積雪のためです。昨日は店にいた時、夕方に本格的に降り始めて17時過ぎ頃だったでしょうか、気が付いたらもう積もってました。店から自宅まで30分ぐらい徒歩で途中に買い物もして帰ってきた時には、既に積雪5cm以上だったと思います。

朝になって一旦はやんでいたのですが、昼前頃からまたちらちらとし始めています。京都でここまで雪が積もったのは、7,8年前に大晦日から正月2日頃まで大雪が降った時以来でしょうかね。

もう雪自体はそう降らないようなのですが、気温の方が上がりませんので降った雪が解けず凍結して残るため、滑って転倒する恐れがあるので今日は外出を控えます。雪の天神さんの写真を撮ってブログにあげようかとも思いましたが、この天候では行ったところで露店もほとんど出ないでしょうし、またその手の写真は他の人がインスタなどにたくさん上げるでしょうからいいか、と思いまして。

自宅の前の道は、茶わん坂から一つ南に入った細い道で、車はもちろん人もあまり通らない上に、冬場は特に日当たりが悪くなるので雪がなかなか解けてくれません。更に、結構な坂道なので凍結すると転倒注意の危険な道なんです。

写真のような感じで、まだ全然解けないんですよね。最初の1枚だけが昨日の夜で、あとは今朝撮ったもので、自宅前と2階の物干しから撮った自宅裏です。

今日は水曜日でお休みですので、天神さんに行ってどこかでお昼を食べて、久しぶりに「京のお食事処」の記事を書こうかと数日前までは考えていましたが、残念でした。皆様もどうかお気を付けの上、お過ごしください。

20230125① 20230125② 20230125③ 

20230125④ 20230125⑤ 20230125⑥

昨夜の晩酌(1年ぶり再び いづ重 上箱寿司 の巻)

カテゴリ: 昨夜の晩酌 作成日:2023年01月24日(火)

20230124①この冬一番の寒波が到来中で各地で雪の被害が心配されていますね。列島北部や日本海側だけでなく、九州の方でも既に降雪があるようで、本当に広範囲に及ぶ寒波、降雪、強風の影響が心配されますね。交通にも影響が出るかもしれませんしね。皆様ご用心ください。

今日は大遅刻でした。と言っても降雪などの気候によるものではありません。ただの二度寝です(笑)。1時間遅刻してしまいました。自宅から店まで、清水寺近くから三条京阪駅近くまで30分弱程歩くのですが、ちょうど家を出るタイミングで雨が降り出し、途中みぞれに変わったりまた雨になったり、強風にあおられたりしながら来ました。到着後、その後しばらくはよく晴れてました(笑)。ホントに私が歩いてくる間だけの悪天候でした(笑)。まあ、このまま大雪が降らないでいてくれるといいんですがね。

昨夜は祇園 いづ重さんの上箱寿司をいただきましたので、晩酌となりました。ちょうど1年程前にもいづ重さんの上箱寿司をいただいて晩酌をしていました。2022年1月17日でしたから、本当にはぼ1年前のことです。

写真のような美しい箱寿司です。これ、海老や鯛などの下は全てご飯(酢飯)で、押してありますので結構なご飯の量です。箱は小さいですが、結構お腹一杯になりますよ。

いづ重さんは現在店舗改装中のため、仮店舗にてお持ち帰りのみの販売になっています。仮店舗は祇園石段下北西角辺りの旧店舗から、四条通少し西に行ったところにある小さな路地にあります。詳細につきましては、いづ重さんのホームページでご確認ください。

 いづ重 ホームぺージ https://gion-izuju.com/

酒器の方ですが、徳利も盃も過去にこちらでご紹介したことのあるものです。徳利は李朝初期の堅手徳利です。写真では少し青が強く出過ぎている感じですが、実際はもう少しグレーです。容量が1合に満たず7~8勺程度です。7勺以下でしょうか?8勺は入らないように思います。実は昨日は予定外の飲みになりましたので、小さい徳利にしました。約11㎝と可愛いサイズです。

刷毛目の平盃は、もう刷毛目なのかも分かりづらいくらいにしっかりとアジが付いています。アジつき過ぎです(笑)。元々は無傷でアジもサイズ(口径9.5㎝)もよい盃だったのですが、割れてしまい金継してもらった残念なものです。詳細は過去の記事をご確認ください(2020年06月20日の記事「復活刷毛目平盃の巻」へはこちらをクリック)。納豆は三島の小鉢に盛り付けました。

京都市にも大雪警報が出ましたね。夕方から今晩に雪が降りそうですね。積もらなかったらいいんですけどね。明日は25日で天神さんに行く予定ですが、天候によっては行くのを中止するかもしれません。現在3時半ですが、そういっている間にこちらは結構な雪が降ってきました。明日よりも今日終わって家に帰る心配をしなければならないかもしれません。皆様どうぞお気を付けください。

20230124② 20230124③ 20230124④ 20230124⑤ 

20230124⑥ 20230124⑦ 20230124⑧ 20230124⑨

初弘法 2023年

カテゴリ: 李朝好き 作成日:2023年01月21日(土)

20230121①先日、阪神・藤波投手の米メジャーリーグ アスレチックスへの現地入団記者会見の様子が公開されました。藤波投手、少しカンペは見ていましたが、頑張って英語で1分半ほどの自己紹介をやり遂げましたね。大変良かったです。これまでにメジャー移籍した日本人選手の中では最高の出来だったのではないでしょうか。藤波投手、中学時代から将来のメジャー進出の準備として英語に力を入れ、中学生の時に既に英検準2級に合格していたそうですね。この調子で、チーム内でも積極的にコミュニケーションを図ってチームに馴染んでいって欲しいです。藤波投手、期待できそうですね。

偉そうに言ってますが私は英語出来ません。日本語と韓国語だけです。私が出来るのは(笑)。いいんです。私はソウルしか行きませんから(笑)。そのソウルにも3年以上行けてませんが。

その韓国は今日から旧正月連休が始まりますね。今年は22日(日)が旧暦の1月1日ですので、その前後の1日を含む3日が休日になります。また今年は22日が日曜日のため24日(火)が振替休日になるので、24日(火)までの4連休になります。この時期韓国では本家のある故郷へ国民の大移動が行われますので、昨年はこの後コロナ感染者激増が起きたのですが、今年はどうでしょうか。韓国も行動制限は無いので心配ではありますね。

またしても前置きが長過ぎましたが、今日21日は東寺・弘法市の開催日です。今日は今年最初の弘法さんで初弘法です。コロナ禍前は、先月の終い弘法と年初の初弘法は人が多くて大変でしたが、今はもう過去のようなことは無くなりました。でもまあ、今日はお休みでしたので、人の出はそこそこではありましたが、コロナ禍前の水準には遠く及びませんでしたね。バスも混まないので楽ですけどね。昔は東寺の前後の停留所では、混むどころかバスが満員通過することも度々ありましたからね。

今日はいつもより早く8時40分頃に着きましたので、飲食の店がまだ準備中のところもありましたね(写真2番目)。露店の方も空きが目に付くところもありましたし、やっぱり初弘法らしくは無かったですね。

御影堂の方で護摩供養が行なわれますが、私が行った時はまだ時間が早かったようで、お坊さんは座っていましたが、まだ火は焚かれていませんでした。準備中でしたね(写真3番目)。お正月と毎月21日には、こちらの国宝秘仏の不動明王前で護摩供養が行なわれているようです。4番目の写真の修行大師像は南門を入って西側にあります。ここは常にお参りの人が絶えませんね。

今日もやっぱり収獲は干し芋だけでしたね(笑)。次は25日の北野天満宮・初天神をご報告させていただきます。

20230121② 20230121③ 20230121④ 20230121⑤ 

20230121⑥ 20230121⑦ 20230121⑧ 20230121⑨ 

20230121⑩ 20230121⑪ 20230121⑫

第128回古裂會オークション下見会

カテゴリ: 李朝好き 作成日:2023年01月18日(水)

20230118①今日は京都市左京区岡崎公園内のみやこめっせ(京都市勧業館)で古裂會の第128回オークション下見会が開催されましたので、見に行って来ました。2か月に1回奇数月の開催です。いつもは開場直後の朝10時過ぎ頃に行って、その後店の方に向かうのですが、今日は水曜日で店の方はお休みですので、午後からゆっくりと出かけました。やっぱり午後だと若干来場者が多めな感じでしたね。

今日は1階西側の会場でした。最近このパターンが多いですね。以前は1階東側や地下のことも多かったです。

残念ながら、今回もやっぱり韓国のものは少なかったですね。ここ3、4年でしょうか、急に韓国のものが出なくなってしまいましたね。それまでは結構韓国のものが多く出品されてましたので、こちらの下見会の開催日に合わせて韓国の業者も来ていたんですけどね。ここ数年はコロナ禍による水際対策の強化もありましたが、それ以前も今も韓国の業者は来なくなりましたね。まあ、ネットで出品カタログを見ることができますし、顧客には冊子のカタログも送付されてますので、そちらを見て入札している人もいるでしょうけどね。以前のように韓国の業者が来るようでしたら、今日は水曜日で定休日ですが店を明けてみようか等とも考えたかもしれませんが、まあお休みできてよかったです(笑)。

今日私が気になったのは、象牙の作品ですかね。彫刻の施された全形象牙と象牙で作られた五重塔は目を引きましたね(写真4番目と5番目)。1989年にワシントン条約で象牙の国際取引が禁止になりましたので、世界で象牙の取引している国はほとんどありませんが、日本はそれ以前からの在庫品についての取引が認められているようです。あと古銅のスッポンが可愛かったです(写真9番目)。10cmに満たないぐらいの可愛らしいサイズでしたね。

こちら古裂會さんは、業者だけでなく一般の方も参加できる開かれたオークションという形式を提供しておられます。下見会は明日19日(木)も同じみやこめっせで10:00~16:00の時間帯で開催されます。

次回は【特集】仏教美術で3月14日(火)・15日(水)にみやこめっせ(京都市勧業館)で開催の予定です。

20230118② 20230118③ 20230118④ 20230118⑤ 

20230118⑥ 20230118⑦ 20230118⑧ 20230118⑨ 

20230118⑩ 20230118⑪ 20230118⑫ 20230118⑬

昨夜の晩酌(絵高麗と井戸手の巻)

カテゴリ: 昨夜の晩酌 作成日:2023年01月14日(土)

20230114①阪神の藤波投手の米メジャーリーグ アスレチックス移籍が決定しましたね。頑張ってほしいとは思いますが、正直なところ心配ですね。160キロ台のストレートや140キロ台後半のフォークボールなど、持っているものは素晴らしいのですが、マスコミを通じての情報ではメンタルの弱さとプライドの高さが指摘されて来ていますので、彼がチームで孤立してしまわないか心配です。

個人的には語学力が大きなカギになってくると思います。チーム内でのコミュニケーションをどれだけ積極的にとれるか、そしてチームになじめるかが課題だと思っています。なので、渡米後の記者会見の場で「ハイ!マイネームイズ シンタロウ フジナミ」だけの挨拶では厳しいかなと。1分ぐらいで十分なので、更にその後に簡単な自己紹介(~から来ました程度)、感謝、アスレチックスの印象、自分の目標ぐらいを原稿なしで話せるようなら、大いに期待できるかと思います。入団会見の英語での挨拶に注目です。

まあ彼は元々メジャー志向だったので、当然それぐらいの準備はしとかないといけないとは思いますが、日本の野球選手はダメですよね、語学が。サッカー選手は結構頑張ってる人多いようですけどね。藤波選手頑張ってください。大谷選手との対決も期待しています。

前置きが長くなり過ぎましたが、昨夜の晩酌です。

酒器は徳利も盃も久しぶりの登板です。絵高麗の徳利は相当前に2回ぐらいこちらでご紹介したかも知れません。1回だけだったかな?キズや直しは無いのですが、底部とその周辺には少しカセがあります。なので使用後はよく乾燥させなければいけません。青磁釉の色もお世辞にもいいとは言えません。鉄砂で描かれているのは고사리(コサリ)紋と呼ばれる模様で、고사리(コサリ)は日本語で言うとわらびです。ポテッとした形状で可愛らしいです。容量は1合半ほどです。

20230114② 20230114③ 20230114④

井戸手の盃は口径が6.5㎝程の小ぶりなものです。しっかりと刻まれた貫入、底部のカイラギなど井戸手としての条件を備えています。画像では分かり難いですが、使用により見込みに赤みが出て来ており、さらにいいアジに育って行くでしょうね。小ぶりの盃が好きです。小さい方が何度も徳利から盃へと酒を注ぐことになりますし、それだけ盃にも徳利にも触れる機会が多くなるので楽しいですね。口縁部に欠けの金継が2か所有ります。

お料理の方ですが、肉じゃがは苺紋(見えていませんが)の高麗青磁の鉢に、ほうれん草のお浸しは李朝初期の堅手の小鉢に、おからは高麗青磁の小鉢に、切り干し大根の千切煮は李朝末期の染付小鉢に、それぞれ盛り付けてみました。いつも通り、全て頂きものです(笑)。

20230114⑤ 20230114⑥ 20230114⑦ 20230114⑧

平安蚤の市 2023年1月

カテゴリ: 李朝好き 作成日:2023年01月10日(火)

20230110①今日10日は各地のえびす神社では十日えびすの本えびすの日ですね。京都にも小さいですが、えびす神社がありますので、昨日から街中で笹を持った人の姿をちらほら見かけますね。コロナ禍で中止になっていた西宮えびす神社の福男選びも今年からまた再開されましたね。

私は大学生の時に1月8日~11日の4日間、大阪の今宮戎神社で泊まり込みのアルバイトをしてました。また年末は大晦日までの3泊4日でこちらも泊まり込みで、餅屋にアルバイトに行っていました。どちらも短期間でしたが、それぞれ当時4万円ぐらいの報酬を得ていました。当時としてはかなり高額でした。大学時代は体育会系の部活をやってましたので、長期のアルバイトというのがなかなか難しく、長期休暇中に高報酬・短期集中で稼いでましたね。懐かしいです。

また今日1月10日は平安蚤の市の開催日です。10日は実家で10時から月参りの日ですので、それが済んでから行くと現地到着が11時前後になります。今日はいつもより少し遅めの11時10分ぐらいに到着しました。時間遅めの到着でしたので、人が多いかと思ったのですが、思ったほどでもなかったですね。

骨董の会で一緒のTさんご夫婦も出店されてました。本日の目玉商品はもう売れてしまったそうです。よかったですね。提灯が置いてありましたので、その写真を撮っておきました。お値段は3,000円(1個)でした。後方にはいつもの「500円よりこわれた器直します」の看板が見えます(写真4番目)。京都アンティークフェアには、いつも直しのお店として出店されます。京都アンティークフェア次回は3月末に開催されますね(会場:伏見区竹田 京都パルスプラザ)。

20230110② 20230110③ 20230110④ 20230110⑤

平安蚤の市は、岡崎公園内の平安神宮前広場に多い時には150店舗近くの骨董店、古道具店、古着店等が全国より集まる骨董市です。こちらは東寺ガラクタ市や弘法市、天神市とは違った、比較的若い業者さんが多く出店されているようです。

基本毎月10日に開催されますが、2月はお休みで次回は3月10日(金)に開催の予定です。

店まで向かう道で古川町商店街を通って来ました(写真13番目[最後])。昼前でしたが、相変わらず人気が少なくシャッターの下りた店舗が目立ちましたね。昔からあったお店はどんどん姿を消し、コロナ禍前は外国人観光客向けの飲食店が新たに入ってたのが目立ったのですが、今日歩いてみるとそういった店も閉店しているのが目に付きましたね。私が中高生のころまでは、夕方や年末などは地面が見えないほど買い物客でいっぱいだったんですけどね。さみしいですね。

20230110⑥ 20230110⑦ 20230110⑧ 20230110⑨ 

20230110⑩ 20230110⑪ 20230110⑫ 20230110⑬

Copyright © 韓国骨董李好 All Rights Reserved. login