メニュー

李朝好き - 韓国骨董 李好

TEL:075-532-5877

〒605-0089 京都府京都市東山区古門前通大和大路東入元町367-4 杉山ビル2階 *京阪三条駅より徒歩3分

 

京都府公安委員会許可第611251830002号 TEL/FAX:075-532-5877 営業時間 11:00~18:00 定休日 水曜日

 

李朝好き

「李朝好き」(店主ブログ)

当店の店名「李好」は、「李朝好き」からとったものです。
「李朝好き」の「おりこうさん」が集う店になればという、李朝好きの店主の思いが込められたものです。
こちらでは、店主の日常や紀行、京都の骨董関連イベントの紹介、また京都やソウルの骨董街をご訪問されるお客様のために、

京都市内とソウルのグルメ情報もご提供させていただいております。

「昨夜の晩酌」へはこちらをクリック

「京のお食事処」へはこちらをクリック

「ソウル情報」へはこちらをクリック

今日から8月 2021

カテゴリ: 李朝好き 作成日:2021年08月01日(日)

8月になりました。一年の中で一番いやな月です(笑)。まず、暑過ぎます。京都では、7月下旬頃から猛暑日が続いています。今のところ最高気温が35℃か36℃ぐらいですが、これからまだ、38℃や39℃といった日もあると思います。京都の暑さというのは気温の高さだけでなく湿度が高いですから、日陰にいても汗がタラタラと流れ落ちてきます。そんな訳で、陽が落ちても湿度が高いので蒸し暑く、1日中エアコンなしでは耐えられません。よって、毎年この月の電気代が恐ろしく高くなります。その他、台風、大雨により被害が出ることも多い月ですから大変心配です。

当然のことながら、お客様のご来店も少なくなります。まあでも、京都の暑さは殺人的ですから、こちらから夏の京都にお越しくださいとは、言いにくいですよね(笑)。正直、健康のため日中は出歩かない方がいいです。さらに、新型コロナウィルス感染拡大がとどまるところを知らず、昨日は感染者数が東京で4,000人超え、全国で1万人を超えました。これを受けて、関西でも明日8月2日から大阪に緊急事態宣言が発出され、京都と兵庫は「まん延防止等重点措置」が適用されることになりました。外出を控えていただくしかないですよね。

そんな訳で、既に「お知らせ」欄でもご報告のとおり、今年は夏期休業を8月9日(月)~15日(日)までの7日間と長期間の休業とさせていただきます。ただ、期間中は当然のことながら遠出はしませんので、ご希望がございましたら、期間中も可能な範囲内でご入店いただけるよう調整いたします。詳細につきましてはこちらをクリックの上、ご確認ください。

今月の京都の骨董関連イベントにつきましては、本日1日(第1日曜日)の東寺ガラクタ市は開催中です。私は行っていません。それどころか、今朝は二度寝してしまいまして、店の開店時間にも遅刻してしまいました(笑)。その他、10日(火)の平安蚤の市(開催地:京都市左京区岡崎公園内平安神宮前広場)、21日(土)の東寺・弘法市、25日(水)の北野天満宮・天神市につきましては、今のところまだ開催中止等の発表はありません。但し今後、京都の「まん延防止等重点措置」が緊急事態宣言になるようですと開催中止となる可能性が高いと思われます。今後、開催中止等の発表がありましたら、こちらの「お知らせ」欄にてご案内させていただきます。

DSC 0650 2 DSC 0694 2 DSC 9373 2 DSC 4653 5

2021 土用の丑

カテゴリ: 李朝好き 作成日:2021年07月28日(水)

新型コロナ感染者数の急拡大の勢いがもの凄いです。東京の今日の感染者数は3,000人を超えましたし、首都圏の神奈川・千葉・埼玉でも過去最高の感染者数で、特に神奈川は1,000人を超えましたね。オリンピック明けにも首都圏と関西、沖縄で緊急事態宣言発出かと思っていたのですが、首都圏はオリンピック開催中にも緊急事態宣言発出となりそうです。ちなみに東京は緊急事態発出後2週間過ぎているんですがね。感染が落ち着くどころか、増加が止まりませんからね。京都も本日は175人と過去最高ですから、関西も遠からず緊急事態宣言発出となりそうですね。その前にまん延防止等重点措置の適用ですかね。この状況でも政府は無策で、相変わらず飲食店の時短要請と「ワクチンの接種を」と言ってるだけですからね。もう、自分の身は自分で守るしかないですよね。

そんな状況ですが、今日は夏の土用の丑の日です。鰻で新型コロナ感染予防ができる訳ではないですが、やっぱり今日は鰻を食べないといけません。と言っても、コロナ禍以後はもらいメシで鰻弁当を結構いただいているんですけどね(笑)。今日は夕飯に「かぼちゃのたね」の鰻弁当をいただきました。実は、朝食にも鰻丼食べました。こちらも以前いただいていた、花遊小路 江戸川の鰻蒲焼の真空パックを使って作りました。なので、どちらもいただきものなんですね(笑)。土用の丑の日に朝・晩に鰻をいただいて、本当にありがたいことです。私はもう1年以上1日2食の食生活をしており、お昼は食べませんので、本日の食事は全て鰻でした(笑)。去年は夏の土用の丑の日が2回あったんですが、今年は残念ながら今日1回のみです。

実は今日、お昼に外食で鰻を食べて、久しぶりにお食事処のご紹介の記事を書こうと思っていたのですが、折からの新型コロナ感染急拡大で外食を中止しました。自分を守るための感染対策でした。写真の向かって左(1番目)が「かぼちゃのたね」さんの鰻弁当で、右(2番目)が花遊小路江戸川さんの鰻を使った鰻丼です。左(1番目)の写真のじゃこおろしのじゃこは、先日の北野天満宮・天神市で買ったチリメンジャコです。

「かぼちゃのたね」の所在地は、花見小路四条西入ル北側 祇園了郭ビル1階で、花遊小路 江戸川は、花遊小路四条上ル ハレの日花遊小路1階です。

DSC 4622 3 DSC 4615 2

北野天満宮・天神市 2021.7

カテゴリ: 李朝好き 作成日:2021年07月25日(日)

DSC 4560 2本日は25日、東寺・弘法市に続きこちらも今年2月以来約半年ぶりで、北野天満宮・天神市が開催されました。朝行って来ましたが、今日もやっぱり暑いです。日中の最高気温は今日もまた35℃の猛暑日のようです。しかし、21日の弘法さんの時と比べると、朝のうちは日差しがそれほど強くありませんでしたので、体で感じる温度は少しマシな感じでしたね。着いたのは朝9時前でしたが。

境内は、日曜日の開催の割にはさほど人は多くなかったですね。露店の方も東寺・弘法市の時と同様に夏場ということもあり、特に飲食のお店の出店が少なかったですね。境内の参道の出店も少なかったし、神社東側に位置する御前通は通りの東側には全く出店がありませんでしたね。

写真のように、境内のあちらこちらに短冊のついた七夕の笹が飾られていました。こちら北野天満宮の七夕神事は「御手洗祭(みたらしさい)」といい、ご祭神に七夕の詩をお詠み戴くことと、農作物の生育、人々の無病息災を祈願する節句行事なのだそうです。神前にはみたらし団子などがお供えされます。七夕祭は本来「棚機祭」と書き、北野天満宮の所在地で機織りの町・西陣地域らしく、機織りの祖神・天棚機姫神(あめのたなばたひめのかみ)のお祭として信仰されて来たのだそうです。境内の御手洗川(みたらしがわ)で、清め神事「御手洗川足つけ燈明神事」が8月6日(金)~15日(日)の期間中に行われます。

今年もまた、大福梅(おおふくうめ)の土用干しが本殿前で行なわれていました。境内で育った梅の実を、梅雨明けに土用干しを行います。写真のように、むしろを敷いて並べ、約4週間かけて干し上げるのだそうです。カラカラに干し上がった梅の実は、お正月のお茶に入れていただく大福梅として、年末に参拝者に授与(販売)しています。大福梅については、以前にもこちらでご紹介しておりますので、詳細につきましては、こちらをクリックの上ご確認ください。

DSC 4554a 2  DSC 4568 2  DSC 4591 2

今日も骨董の方の収獲はありませんでしたので、本日の収獲は久しぶりのちりめんじゃこだけです(笑)。約半年ぶりです。来月もまた開催されるかどうかわからないので、大変貴重なちりめんじゃこになる可能性は高いと思います。新型コロナウィルス感染者数がまた急増中ですからね。オリンピックが終わるころには、また首都圏と関西、沖縄あたりに緊急事態宣言が発出されるのではないかと思われるような状況ですからね。日本国内で全国的に感染が拡大しているようですが、世界に目を向けて見ても、ワクチン接種率の高い多くの国でも、ここへ来てまた感染者数が急増しているようですしね。やっぱり治療薬が開発されるまでは、収束は無理なんでしょうね。来年の春ごろにはソウルに行けたらなあとか思ってるんですけどね。行けたらいいんですけどね。どうでしょうかね。

DSC 4602 2  DSC 4594 2  DSC 4611 2

第80回 京都アンティークフェア

カテゴリ: 李朝好き 作成日:2021年07月22日(木)

DSC 4534 2本日から4連休です。オリンピック開催に合わせた祝日(海の日とスポーツの日)の移動による今年だけの連休です。この祝日の移動がいつ決まったのか詳細については知りませんが、カレンダーや手帳の印刷が間に合っておらず、ややこしい限りです。

そんな4連休初日の本日から24日(土)までの3日間、京都市伏見区竹田の京都パルスプラザで京都アンティークフェアが開催中です。京都アンティークフェアは、3月・6月・10月の年3回開催される西日本最大規模の骨董市です。今回は元々6月開催の予定だったのですが、先月は京都府に緊急事態宣言が発出中だったため、今月に延期開催となったものです。以前は全国から300店以上が集まっていたのですが、コロナ禍で出店数が減ったようです。そんな訳で、以前は会場として1階と2階を使用していましたが、1年ほど前からは1階のみを使用しているようです。

期間中は地下鉄竹田駅から会場のパルスプラザまで無料送迎バスが出ています。開催時間は10:00~17:00(最終日は16:00まで)です。屋内のため、猛暑の中の開催でも会場内は涼しいですが、無料送迎バスを利用する場合は、バス待ちの間は相当暑いことを覚悟しなければなりません。

現在京都では、緊急事態宣言、まん延防止等重点措置ともに解除されていますが、全国的に新型コロナウィルス感染者が再び増加傾向にある中で開催される屋内イベントですので、私は今回もまた行かないことにました。もう1年以上行っていませんね。

イベントへのご来場については、くれぐれも慎重にご検討ください。またご来場の際には、マスク着用、手消毒、ソーシャルディスタンスの確保など、感染防止対策を徹底していただきますよう、何卒よろしくお願いいたします。

京都アンティークフェアの公式ホームページは、こちらからご確認ください。 http://www.gomoku-do.com/

お久しぶりの東寺・弘法市 2021.7

カテゴリ: 李朝好き 作成日:2021年07月21日(水)

DSC 4482 2今日21日は久しぶりに東寺・弘法市が開催されました。今年に入ってからは2月以来ですからおよそ半年ぶりの開催です。

午前中に行って来ましたが、とにかく暑くていけません。京都は今日も最高気温36℃まで上がるようですが、朝でも十分に暑かったです。今日は朝9時台に現地到着したのですが、既に30℃を超えていたと思います。天気も良く日差しが強かったので、長時間はいられませんよね。

今年も蓮池の蓮の花が咲いてました。7月は毎年蓮の花を見るのも楽しみです。今年は例年に比べると花の数が少なかったように思います。蕾が沢山あったような記憶もないので、早く咲いてしまったんでしょうかね。

人出の方は少なめでしたね。出店の方も少ないですからね。飲食物を扱うお店が、コロナ禍とは関係なく夏場7・8月は出店が少ないんですよね。お野菜をと思って見てたのですが、いつも買うお店はやっぱり出てませんでしたね。チリメンジャコもいつものお店は天神さんしか出ませんからね。今月は天神さんも開催が決定されましたので、また天神さんでチリメンジャコ買いましょうかね。

骨董の方も収獲が無かったですね。韓国のものを扱うお店もほとんど無いですからね。当然のことながら、今回もキム社長は来ていませんでしたからね。もう1年半ほどになりますかね。最後に会ってから。元気でいてくれればいいんですがね。

今回目についたのは、セクシーな油絵(笑)。大砲の弾らしい物もありました。ケース入りの眼鏡のレンズも発見しました。これまでなら気にもかけなかった物でしょうけど、やっぱり自分が目の手術をした後だと、こういう物に目が行くようになるものなんですね(笑)。今日は水曜日でお休みなので、ゆっくり見物して来られたのですが、暑さに負けて早々に退散して帰って来ました(笑)。25日(日)の天神さんも多分暑いでしょうね。

DSC 4519 2  DSC 4522 2  DSC 4503a 2

明日からの3日間は、京都市伏見区竹田の京都パルスプラザで京都アンティークフェアが開催されます。6月開催予定だったのが延期されたものです。明日22日と明後日23日は、東京オリンピック開催のため今月19日の海の日と10月11日のスポーツの日が移動させられた祝日で、明日から25日(日)まで4連休なんですね。京都アンティークフェアは屋内会場(京都パルスプラザ)のため涼しいですが、感染症対策を考えて、私は今回もまた行かない予定です。

DSC 4485 2  DSC 4512 3  DSC 4515 2

本日より通常営業。実は入院してました。

カテゴリ: 李朝好き 作成日:2021年07月20日(火)

7月15日(木)から昨日(7/19)までが臨時休業。さらに7月14日(水)は定休日でしたので、計6日間の長期休業させていただきましたが、本日7月20(火)より通常営業をしております。その間、ご不便をおかけいたしましたが、また本日より何卒よろしくお願いいたします。

実は、15日(木)から昨日19日(月)まで京大病院の方に入院しておりまして、手術を受けて来ました。手術と言っても、そんな生命にかかわるような大手術ではなく、右目の白内障の手術です。実は今年1月に運転免許更新のため視力検査を受けたところ、右目の視力が0.1未満であることが判明しました。視界の検査を受けて免許の更新の許可は下りたのですが、この時は日常生活で視覚には全く違和感はありませんでしたので、正に青天の霹靂といった感じでした。

私は元々視力はよい方で、眼鏡やコンタクトレンズを使ったことはありませんでした。まあ、老眼は来てましたけどね(笑)。ただ、昔から右目の視力が左目より悪かったのですが、1.0を切ることが時々あったぐらいで、0.1が見えなくなるというようなことは、考えたこともありませんでした。ちなみに、この時の左目の視力は1.2でした。

今年2月になって、眼鏡を作成するために眼鏡店へ行ったのですが、右目の視力が矯正しても0.2にまでしか上がらないため、眼鏡を作成できませんでした。それで翌日に近所の眼科を受診したところ白内障との診断を受け、点眼薬を処方され点眼を続けてきました。

しかしその後、細かい作業(線香に火を点ける、歯磨き粉を歯ブラシに付ける等)の際に、遠近感に違和感を感じるようになり、PCのインターネット記事などの特に文字の薄いものや細かいものが見づらくなり、パソコンの作業をすると目の痛みが強く辛くなってきたため、手術を決意したのでした。ホントは怖いからしたくなかったんですけどね(笑)。

白内障は、加齢とともに誰にでも出て来るもののようですが、私の場合は糖尿病があるために進行が速くなったのかも知れませんね。白内障の手術自体は15分ぐらいで終わるので、最近は日帰りで手術を行う病院が多いようです。今は特に、新型コロナウィルス感染症のこともあり、入院手術を避ける傾向があるようです。しかしながら、京大病院では必ず入院にて手術を行なっています。

手術前日に入院して、まずPCR検査を受けます。もちろん私は陰性でしたよ(笑)。翌日に手術を受けた後に術後2泊して昨日の朝に退院しました。個室もとれて、ゆっくり出来てよかったです。食事も美味しかったですよ。手術等の関係で2食しか食べられない日もありましたが、久しぶりに1日3食食べました。糖尿病用の食事で量が少ないので、3食食べてもお腹空きました(笑)。今はまた1日2食に戻しています。

手術の結果の方もうまく行ったようで、ぼやけて見づらかった右目がハッキリと見えています。多分視力も1.0ぐらいあるんじゃないでしょうか。ただ、まだ術後数日ですので右目は真っ赤です。なので昨日サングラスを購入して、カモフラージュのためにかけています。ちょっとガラ悪い感じですが、こういう事情ですのでお許しくださいね(笑)。

近畿地方もようやく長い梅雨が明けたと思ったら、昨日からは全国的に今年一番の猛暑となりましたね。今週は多くの地域で猛暑日が続くようですので、どうぞお体ご自愛ください。

DSC 4460 2 DSC 4452 2 DSC 4472 2 DSC 4446 2

昨夜の晩酌(お久しぶり再登板の井戸手と甕器の巻)

カテゴリ: 昨夜の晩酌 作成日:2021年07月12日(月)

DSC 4404 2昨日11日(日)は、平安蚤の市が開催予定だったのですが、既に「お知らせ」欄でご案内のとおり、前日に雨天予報のため中止が決定していました。実際のところの昨日のお天気はと言いますと、朝から午後4時頃までは割といいお天気で、午後4時過ぎ頃から雷が鳴って少し強い目の雨が短時間降りましたが、その後は6時前頃まで時折パラパラと来たぐらいで、大したことはありませんでした。結果的には十分に開催できたお天気でしたので、残念なことでした。

次は、こちらも「お知らせ」欄で昨日ご報告したとおり、21日(水)の東寺・弘法市の開催が決定しましたので、そちらを楽しみにしておきましょう。今年2月以来の開催になりますね。久しぶりです。

昨夜は、祇園の鰻料理 松乃さんの鰻弁当をいただきましたので、それを肴に晩酌しました。松乃さんの所在地は、四条通南座の2軒東です。このようないいお弁当を度々いただけるようになり、ありがたい限りです。新型コロナ禍で、鰻をいただく頻度が人生最高になりました(笑)。コロナ禍も悪いことばかりではありませんね(笑)。

酒器の方ですが、甕器(オンギ)製の徳利は店に置いているものです。昨日持ち帰り、今日また店の棚に戻っています。甕器(オンギ)とは、韓国でキムチや味噌などを保存するのに用いられてきた、土製の甕のことです。店に置いていると、よくお客さんから「これは黒高麗ですか?」と訊ねられることがありますが、時代的にはそれほど古い物ではなく、李朝末期頃のものでしょう。

甕器(オンギ)製の徳利は珍しく、このように容量1合1勺程度の独酌サイズのものとなると、なかなか目にすることはありません。胴に線刻紋がぐるりと2本配されているのが、また魅力的です。こちらは、以前2019年9月15日作成の記事で1度ご紹介しています(2019年9月15日作成の記事へはこちらをクリック)。

小ぶりな井戸手盃も、2019年12月にこちらで1度ご紹介しています。ソウルの踏十里古美術商街で購入し、こちらに持ち帰ってから、側面と高台のあたりの欠けを金継してもらいました。割と大ぶりなものが多い印象の井戸手の盃ですが、こちらは大変小ぶりです。口径は6.5cm程です。貫入とカイラギがしっかりと出た、分かりやすい井戸手らしい盃です(2019年12月19日作成の記事へはこちらをクリック)。

お料理の方は、だし巻は李朝末期分院の染付小皿に、タコと胡瓜、ワカメの酢の物は三島の小鉢に盛り地けてみました。

DSC 4398 2 DSC 4395 2 DSC 4386 2 DSC 4390 2

古裂會 第119回オークション下見会

カテゴリ: 李朝好き 作成日:2021年07月07日(水)

DSC 4319 2古裂會(こぎれかい)の第119回オークションの下見会に左京区岡崎のみやこめっせ(京都勧業会館)へ行ってきました。本日は水曜日で定休日なのですが、10時開場ですので会場直後ぐらいに会場入りして、早く帰ってこようと思ったのですが、朝大雨でとても出掛ける気にはなれませんでした。結局様子を見て12時頃に会場につきました。5月の前回118回の下見会は、京都に緊急事態宣言が発出中で、みやこめっせでの下見会は中止になっていましたので、3月以来4か月ぶりですね。これまで入場時には手消毒と検温があったのですが、今日は検温が無かったですね。京都府は11日(日)まで「まん延防止等重点措置」が適用中なんですけどね。雨の中にしては、来場者はそこそこいましたね。と言っても30人までぐらいだったと思います。屋内ですが、いつも通り密になることのないイベントです。

「まん延防止等重点措置」ですが、大阪府は政府に対して12日以降も継続を要請するようですね。そうなると、京都と兵庫もそれに合わせるようになるかもしれませんね。もしそうなったら、今後の東寺・弘法さんや北野天満宮・天神さんの開催も微妙になってきますね。久しぶりに行きたいんですけどね。

今回は特集【屏風祭】でした。ですので、確かに多くの屏風と軸が展示されていましたが、今回は祇園祭の山鉾のものが見当たりませんでしたね。軸が1点だけしかありませんでした。意外でしたね。韓国の物もいつも通り少なかったですね。

古裂會さんの下見会は、本日7日(水)と明日8日(木)の両日開催されています。本日は10:00~17:00、明日は10:00~16:00の開催です。この後、10日(土)と11日(日)には東京でも下見会(完全予約制)が行われます。

毎回ご案内させていただいているとおり、こちら古裂會さんは、業者だけでなく一般の方も参加できる開かれたオークションという形式を提供しておられます。次回第120回は9月14日(火)・15日(水)開催予定です。次回は【特集】中国 朝鮮 です。期待できるかなあ(笑)。

DSC 4339 2 DSC 4326 3 DSC 4333 2 DSC 4336 2

会場から帰り道、疎水縁を歩いて帰ってきましたが、最後の写真のように結構増水してましたね。朝かなり降りましたからね。この分では、鴨川も相当増水してるのでしょうね。まだ2,3日はこんなお天気が続くようで、どうしたもんでしょうかね。熱海の土石流はテレビで観ていて恐ろしかったですね。被害に遭われた方々は本当にお気の毒に思います。救助に当たっておられる自衛隊や消防、警察の方々は、暑い中本当にご苦労様です。これからの季節は台風の接近・上陸も心配されますが、どうかこの夏に多くの被害が出るようなことの無いよう、お祈りいたします。

DSC 4328 2 DSC 4334 2 DSC 4330a 2 DSC 4348 2

7月になりました 2021(京都の骨董関連イベント等)

カテゴリ: 李朝好き 作成日:2021年07月01日(木)

今日から7月になりました。今年のもう半分が過ぎました。

今月の京都は、結構多くの骨董関係イベントが予定されています。

4日(第1日曜日)の東寺ガラクタ市は、すでに「お知らせ」欄でご報告のとおり、開催が決まっています。

7日(水)・8日(木)に開催予定の古裂會の第119回入札オークション下見会は、現在のところ予定通りみやこめっせ(京都勧業会館 京都市左京岡崎公園内)で開催されるようです。

11日(日)に予定されている平安蚤の市(会場:京都市左京岡崎公園内 平安神宮前広場)も現在のところ、開催予定のようです。今月は10日ではなく11日(日)の開催ですので、ご注意ください。

21日(水)の東寺・弘法市と25日(日)の北野天満宮・天神市も、現在のところ中止との案内はありません。

また、先月に予定されていた第80回京都アンティークフェア(会場:京都パルスプラザ 京都市伏見区竹田)は、今月22日(木・祝)・23日(金・祝)・24日(土)に同会場で開催される予定です。 

東京では、新型コロナウィルス感染者数にリバウンドが見られますが、どうやら京都などの近畿圏では現在発出中の「まん延防止等重点措置」は7月11日(日)までで解除されそうです。このまましばらく感染者数の増加が見られなければ、これらのイベントは予定通り開催される可能性が高いと思います。今後、開催予定の変更などがございましたら、こちらの「お知らせ」欄でご案内させていただきます。

当店の情報といたしましては、今月中旬に5日程度の少し長めの臨時休業をさせていただく予定です。また詳細が決まりましたら、こちらの方も「お知らせ」欄でご案内させていただきます。

DSC 0767 3 DSC 1119 2 DSC 6220 3 DSC 7547 3

夏越の祓と水無月 2021

カテゴリ: 李朝好き 作成日:2021年06月30日(水)

DSC 4257 3今日は6月30日。今日で6月も終わりです。新型コロナ禍2年目の今年も半分が過ぎようとしています。毎年ご紹介していますが、今日6月30日は「夏越祓(なごしのはらえ)」といって、神前に茅の輪を立て、罪や穢れを祓い無病息災・疫病退散を祈願してこれをくぐる茅の輪くぐりが行われます。

25日に北野天満宮の御誕辰祭の大茅の輪くぐりをご紹介しましたが、今日も北野天満宮では夏越祓の茅の輪くぐりが行なわれていました。私は今日も毎年のごとく八坂神社の茅の輪をくぐってきました。今日は定休日でしたので、ゆっくり家を出てお昼12時前頃に行って来ました。

茅の輪は、新型コロナ禍にほぼ常設されてきた本殿横の物の他に、いつも通り疫神社の鳥居前に設置されていました。実は本殿横の方は人が並んでいて時間がかかりそうだったので、今日は疫神社の方だけくぐって来ました(笑)。今日の祇園さんの茅の輪は、写真のように新しい青々とした茅で作成されてました。やっぱりこの方が気持ちいいですよね。

いつも通り、こちら八坂神社でも茅の輪守りを買いました。天神さんより小ぶりのお守りですが、お値段は同じ500円です。こちらは値上がりした訳ではなく昨年もこのお値段でした。

今年も昨年に引き続き、祇園祭の神輿渡御や山鉾巡行は中止となりましたが、祇園祭の最終日に当たる7月31日の「疫神社夏越祭」には、また疫神社前に茅の輪がかけられます。去年の時点では、まさか今年も祇園祭の神事と巡行が中止になるとは思っていなかったですね。

また今年も例年通り、京都で今日6月30日食べるお菓子「水無月」を食べました。三角形の白ういろに小豆がのったお菓子で、三角形は暑気払いの氷を表したもので、上の小豆は悪魔払いの意味を表しています。そういう訳ですから、本来は土台が白ういろのものだけだったのですが、今では土台が抹茶味と黒糖味のものもあります。私は今日、夕飯後に三種類の水無月をいただきました。

最後の写真が、白ういろの水無月です。李朝後期の白磁祭器台皿にのせていただきました。面取高台の祭器だったのですが、この撮り方では普通の白磁皿にしか見えませんね(笑)。

毎年、同じ行事について繰り返しご報告していますが、こうして毎年繰り返しご報告できることが、本当にありがたいことだなと近頃は感じるようになって来ました。来年も再来年もその次の年も京都の年中行事を、毎年繰り返しご報告できればと思っておりますので、どうぞよろしくお付き合いくださいますよう、お願いいたします。

DSC 4271 3  DSC 4288a 2  DSC 4279 2

Copyright © 韓国骨董李好 All Rights Reserved. login