メニュー

李朝好き - 韓国骨董 李好

TEL:075-532-5877

〒605-0089 京都府京都市東山区古門前通大和大路東入元町367-4 杉山ビル2階 *京阪三条駅より徒歩3分

 

京都府公安委員会許可第611251830002号 TEL/FAX:075-532-5877 営業時間 11:00~18:00 定休日 水曜日

 

李朝好き

「李朝好き」(店主ブログ)

当店の店名「李好」は、「李朝好き」からとったものです。
「李朝好き」の「おりこうさん」が集う店になればという、李朝好きの店主の思いが込められたものです。
こちらでは、店主の日常や紀行、京都の骨董関連イベントの紹介、また京都やソウルの骨董街をご訪問されるお客様のために、

京都市内とソウルのグルメ情報もご提供させていただいております。

「昨夜の晩酌」へはこちらをクリック

「京のお食事処」へはこちらをクリック

「ソウル情報」へはこちらをクリック 

「李好のヌシ」へはこちらをクリック

東寺・弘法市 2021.11

カテゴリ: 李朝好き 作成日:2021年11月21日(日)

DSC 6111 2今日は21日で東寺・弘法市の開催日でした。先月久しぶりに開催された東寺の弘法さんでしたが、2月続いての開催となるといつ以来でしょうか。本当に久しぶりのことでした。露店の出店の方は、まあそこそこでしたが、人の出は多かったですね。考えてみたら今連休中なんですね。昨日今日と土日、明日月曜日は平日ですが、明後日が勤労感謝の日で祝日ですので、飛び石の4連休ということになりますね。紅葉シーズンの連休中ですから、観光客が多いのは当然ですよね。

そこに先週からは清水寺でライトアップによる夜間の特別拝観も始まりましたので、東山一帯では観光客が増え、大型観光バスや他府県ナンバーの車も大変増えました。観光都市京都(要は観光以外の産業が何も無い訳ですが)としては、これを喜ぶ人が多いのでしょうが、私なんかは不安の方が先に立ちますけどね。ワクチンの2回接種が進んでいる欧州やお隣りの韓国でも、飲食店やイベントの規制を緩和した途端に、感染の再拡大が起こっています。これから年末にかけて、日本でも昨年の年末以降と同じことにならなければいいんですけどね。大変心配です。

紅葉の方は、五重塔の前あたりだけいい感じになってましたね。まだ11月ですが、来年の干支の張子の虎がありましたし、来年のカレンダーや暦を売るお店もありました。

今日も骨董の収獲はありませんでした。キム社長がまた戻って来られるだけの条件が、まだまだ整いませんのでね。まあ、キム社長の店もいつもいい物があった訳ではないんですけどね。ただ、あの高麗・李朝の雑器が大量に並んでいるのを見るだけで、私は心が和んだんですよね。結局今日の収獲は干し芋と小芋だけでした(笑)。

DSC 6114 2 DSC 6063 2 DSC 6096 2 DSC 6098 3

北野天満宮の天神市では、境内だけでなくその周辺の道路にも露店が多く出まして、骨董のお店のほとんどは御前通などに立ちます。東寺・弘法市でも境内の外の道路にも出店されているところがあります。それは、北大門から北総門のある八条通までの道です。北大門は東寺の東門を入って真っ直ぐ手洗いのある所まで行って右に曲がったところにあります。

写真6枚目が境内から見た北大門です。これを越えるとお堀があり、橋を渡って真っ直ぐ一直線の道の両側に露店が並びます。お堀には大きな鯉が沢山いて、人が覗くとエサがもらえる思って集まって来ます。8枚目の写真は、外から見た北大門です。最後の写真のように真っ直ぐな道が八条通りまで続き、その間に露店が並びます。古物の他、飲食物やハンドメイド品などのお店も出ます。ちなみに写真の向かって左側は、洛南中・高等学校です。こちらは陸上競技の桐生祥秀選手や俳優の佐々木蔵之介さんの出身校です。

以前、勤め人だった頃は、休暇を取って弘法さんや天神さん等の骨董市に行っていましたので、この道を通って八条通りに出て、そこから東へ歩いて京都駅の八条口まで行って、早めの昼食を食べたりしていました。京都駅は観光客が多いため、お昼時はどこの飲食店も満席になってしまいますので、11時前に到着して下見をして開店と同時に入店してましたね。今は自分の店の開店前の時間に行って来ますので、そんな余裕もありませんが、今日はいつもより15~20分程早く現地到着しましたので、ちょっと足を伸ばしてみました。久しぶりにこちらに行ってみて懐かしかったです。

DSC 6044 3 DSC 6071 2 DSC 6073 5 DSC 6055 2

寺町ハンバーグ

カテゴリ: 京のお食事処 作成日:2021年11月17日(水)

DSC 6030 2今日は水曜日で定休日でした。泉屋博古館の招待券を入手しましたので、先週の半ばまでは今日そちらを見学に行く予定でしたが、たまたま李朝喫茶の寺町李青さんが15日で閉店され、今日17日から4日間李朝工芸品の展示販売をするとの情報を得ましたので、予定を変更してそちらに行って来ました。泉屋博古館には来週行きましょう。

開催時間は11時~18時(最終日は17時まで)でしたが、11時を少し過ぎて到着すると店の前に7、8人の人が並んでいました。入店者の人数制限をしていたのですね。20分位待って中に入りましたが、結局収獲無しでした。

出町柳駅近くの李青本店の方は、引き続き営業されます。そう言いながら、実は私はどちらのお店も行ったことが無く、寺町店の方も今日初めて店内に入ったのでした。

その後、寺町通りを歩いていて、「寺町ハンバーグ」のお店の前を通り過ぎる際に店内を覗いてみると、お客さんが2組しかいないガラガラ状態でしたので、こちらでお昼を食べることにしました。久しぶりのランチ一人外食でした。寺町ハンバーグさんは、新型コロナ禍以前から気にしてはいたのですが、このあたりで昼食をとる機会がなかなかありませんでしたので、今日はいい機会でしたね。

こちら寺町ハンバーグさんは、和牛100%のハンバーグが売りのようで、その分お値段の方はお高めです。本日はランチハンバーグ(ライス付き)お値段1,100円をいただいてみました。こちらのハンバーグは、注文を受けてから手ごねで作り焼くようなので、出て来るまでには結構時間がかかりました。私の場合は先にいたお客さんが2組だけだったので、待ち時間は15分~20分程度だったと思いますが、お客さんが多いと30分以上待たなければならないこともあるかも知れません。なので、最初はガラガラだった店内も待っているうちに満席になってしまいました。

出て来たのは小さめのハンバーグと片目焼き、サラダ、少なめのライスでした。スープぐらいは付けて欲しいかなという感じですかね。他のランチメニューは、ビーフカレー、オムライスが共に1,000円。がっつりハンバーグカレーが2,100円で一番高額です。値段は全て税込みです。火曜定休で、営業時間は11:00~20:00です。ランチタイムは11:00~14:00のようです。場所は中京区の寺町通二条上ルになります。

お店に入ってすぐ右にケーキのショーケースがあったようですが、よく見ていませんでした(笑)。テイクアウトも出来るようですので、関心のある方はそちらの方もお楽しみください。

DSC 6026 2 DSC 6024 2 DSC 6028 3

昨夜の晩酌(再登板の鶏竜山刷毛目の巻)

カテゴリ: 昨夜の晩酌 作成日:2021年11月14日(日)

DSC 6005 2昨日でプロ野球のクライマックスシリーズが終了し、ヤクルトとオリックスの日本シリーズ進出が決まりましたね。両リーグの優勝チームで日本シリーズを戦うことになって、本当に良かったです。クライマックスシリーズってどうなんですかね。私は廃止すべきだと思うんですけどね。例えば今年だったら、セリーグ3位の巨人はシーズンの成績は勝率5割を割る負け越しで、首位とは10ゲーム以上の差がついていました。これでもし巨人が勝ち上がって日本シリーズに進出したとしたら、シーズン143試合の成績は何やったん?ってなりますよね。どう考えてもおかしな制度だと思んですけどね。そろそろ廃止を含む制度の見直しを考えた方がいいと思うんですが。日本シリーズは20日(土)開幕ですね。

そんな訳で、ナイター中継のテレビ観戦も無しの昨夜の晩酌でした。

鶏竜山の刷毛目平盃は、今年3月以来の再登板です。口径が約11cmで、盃としては大き過ぎるのですが、このアジのよい鶏竜山となれば、酒盃として使うべきですよね。口縁に金継ぎが2箇所、呼継ぎが1箇所有ります。呼継ぎもよくできていて全く違和感がありません。釉薬はよく使いこまれて艶さえ出ています。詳細については過去の記事をご参照ください(2021年3月14日作成「久々のダブル初登板の巻」へはこちらをクリック)。

高麗青磁の徳利は、今回が初登板です。青磁釉の色もまあそこそこよく、容量も1合半を少し超える程度で独酌サイズです。ベタ底で丸みのある肩を持つ愛らしいスタイルです。口縁の4箇所の欠けに銀直しが施されていますが、大きな傷ではありません。この手の高麗青磁の徳利も少なくなりましたね。米色青磁だとまだ少しは見つかるんですけどね。

お料理の方ですが、鯛のアラとごぼう煮は李朝後期分院の白磁皿に、野菜の煮物は李朝初期の堅手茶碗に、インド瓜の炒め物は三島の小鉢にそれぞれ盛り付けてみました。

昨日、今日と午前中に清水寺を目指して五条坂を上って来る観光客の数が、多分コロナ禍以後で最高位に多かったです。昨日の夕方の帰宅時も、四条通を歩く観光客の数が「今日なんかある日か?」と思うぐらい多かったです。今日の午前中といっても昼前ですが、人気飲食店の前には行列を作って並ぶ観光客の姿がありましたが、もちろんソーシャルディスタンスは保たれていませんでした。全国的に新型コロナ新規感染者の減少傾向が続いていますが、この調子では年末に向けて再び感染拡大の第6波の到来が心配されます。ここで気を緩めず、今一度、マスク着用、手消毒、ソーシャルディスタンスの確保などの感染症対策を怠りなく続けていきましょう。

DSC 5995 2 DSC 5987 2 DSC 5984 2 DSC 5989 2

古裂會第121回入札オークション下見会・平安蚤の市

カテゴリ: 李朝好き 作成日:2021年11月10日(水)

DSC 5937 2今日10日は平安蚤の市開催日で、さらに同じ岡崎公園内のみやこめっせ(京都勧業会館)で古裂會の第121回入札オークションの下見会も開催されましたので、両方とも見て来ました。

10日は実家で月参りがあり、それを終えてからでしたので現地到着はほぼ11時頃でした。

実際に見学した順番とは逆になりますが、まずは古裂會の下見会から。今回は【特集】SAMUARAI 武具です。

いつもご案内しているとおり、こちら古裂會さんは、業者だけでなく一般の方も参加できる開かれたオークションという形式を提供しておられます。詳しくは、古裂會のホームページをご参照ください。 

古裂會ホームページ https://www.kogire-kai.co.jp/

こちらの下見会は、いつも「みやこめっせ」の1階か地下の会場で開催されます。今日はいつもの一階入って直ぐの会場は、新型コロナウィルスのワクチン接種会場として使われていましたので、「今日は地下だな」と思ってエスカレーターで地下に降りてみたのですが、古裂會の会場がありません。それでまた1階に戻って探してみますと、1階の西側にあるもう一つの会場でした(笑)。ややこしいです(笑)。

検温。手消毒を済ませて会場に入ると、真正面に多数の甲冑がずらりと並べられており、これはなかなか壮観でした。甲冑の他にも刀剣類や刀の鍔なども多数出品されており、こちらの方面に趣味のある方にはたまらないのでしょうね。甲冑というと外国人のコレクターが買うというイメージがあるのですが、今はコロナ禍で海外からコレクターが来場するのは難しいため落札率が心配になりますが、入札オークションなので海外からでも入札できるので大丈夫のようですね。

韓国の物はやっぱり今回もワンテーブルのみでした。2年ぐらい前から急激に出品数が減ってしまいました。別テーブルの酒器の中に鶏竜山の徳利がありましたが、残念ながら他に目を引く物が無かったですね。

次回第122回オークション下見会は、1月12日(水)・13日(木) みやこめっせ(京都市勧業館)にて開催予定です。次回は【特集】神道公家文化 です。

DSC 5967 2 DSC 5971 2 DSC 5945 2 DSC 5972a 2

次に、平安蚤の市の方ですが、私の到着時間が遅めであったこととも関係あるかもしれませんが、平日にしては本当に来場者が多かったですね。まだ新型コロナ禍以前の外国人観光客が多かったころに近いぐらいの多さでした。修学旅行生のような中学生の団体も来ていましたね。でもこちらの方もいつもの通り韓国の物は出ないんですよね。「平安蚤の市」の幟が新しいデザインの物に変わっていましたね。先月の物と見比べて見てください。

骨董の会のお仲間のTさんご夫婦も出店しておられましたが、いつもの「500円から器のお直しいたします」の看板が出ていなかったため、最初分かりませんでした(写真8枚目)。強風で飛ばされたため、危険なので片付けてあるのとのことでした。確かに今日は午前中風が強かったですね。なので他のお店でもテントが飛んで行くと危ないので、テントのビニールを外しているお店が多かったです。

DSC 5878 4  DSC 5876 2  DSC 5923 2

今日気になったのは、うちの店にあるのと同じような小学校の椅子が数も同じく2つあるのを発見。椅子シリーズではないですが、鉄腕アトムとジャングル大帝の子供用の椅子も懐かしいですね。手に取って見てはいませんが、張られたビニールが破れているようでもなく、状態もよかったです。ジャングル大帝の方は、時代なりに焼けてはいましたけど。お正月用の古い羽子板の横には「まんが大行進」のLP版レコードが。ジャケットに描かれていたのは、上が「魔法使いサリー」と「オオカミ少年ケン」、下が「レインボー戦隊ロビン」でした。

平安蚤の市は、基本毎月10日に左京区岡崎公園内平安神宮前広場で開催されます。来月12月は10日(金)と26日(日)の2回開催です。

DSC 5936 2  DSC 5930 2  DSC 5917 2

京都東寺ガラクタ市 2021.11

カテゴリ: 李朝好き 作成日:2021年11月07日(日)

DSC 5864 2プロ野球は昨日からクライマックスシリーズが始まりましたね。まず昨日からは、セ・パの2位・3位チームの対戦ですが、我が阪神タイガースは巨人に破れ初戦を落としました。昨日、今日と試合開始が14時からなのでテレビ観戦できません。第3戦は18時開始なのでテレビで観られるのですが、今日も阪神が負けて終わってしまいそうな予感がします(笑)。

今朝、何とか朝起きられましたので、先月に続き東寺ガラクタ市に行って来ました。こちらは同じ東寺での開催とは言え21日の弘法市とは違い、韓国物を扱うお店や飲食・食料品のお店も出ませんので、私にとっては興味半減なんですが、次は10日まではネタがなさそうなので、とりあえず行ってみることにしました。

日曜日でいいお天気でしたから、人出は多かったですね。それでも行き帰りの市バスが満員にならないのが、このガラクタ市のありがたいところです。数日前までの天気予報では、確かこの土・日は雨の予報だったのですが、雨は明日以降にずれ込んだようです。週末がいいお天気でよかったです。

今日は懐かしいものを沢山見ました。一部ご紹介しますと、大量のレコード、写真はシングルのドーナツ盤ですが、横にはLPも大量にありました(写真2番目)。レコードプレーヤーやレコード針って、今も製作されているのでしょうかね。今は音楽はダウンロード購入したりするようで、CDさえ売れなくなってしまったようですが、私たちの頃は、好きな歌手の新曲が出るとレコード屋さんに買いに行ったものでしたけどね。

古い昭和の雑誌達もありました(写真3番目)。手前の『それいゆ』などは昭和20年代の物だと思いますので、私が懐かしいと言う物よりも一世代は古いですね。真ん中あたりに今回文化勲章を授与された巨人軍終身監督の長嶋茂雄さんの顔が見えますね。

それから、懐かしい虫籠と鳥籠もありました(写真4番目)。手前が虫籠ですが、私が子供の頃、小学校の中学年ぐらいまでは、こういう虫籠にクワガタムシやカブトムシ、カナブンなどを入れて飼ってました。高学年になったぐらいから、こういう虫たちは水槽でおが屑を敷いて飼うんだということになって来たように記憶しています。当時はエサとしてスイカなどの果物を与えていましたが、果物、特にスイカなどは水分が多過ぎてよくないのだと、後に聞くようになりました。今は昆虫ゼリーですからね。何かのテレビ番組のクワガタかカブトムシを採りに行くロケで、子役の男の子が「クワガタムシ(カブトムシ)は何を食べるか知ってますか?」 と訊かれて「昆虫ゼリーです」と真面目に答えてたのは衝撃的でしたけどね(笑)。まあ、そうなんですけどね(笑)。

他には、懐かしいモンチッチのお人形の隣には、「こくご」と「さんすう」のノートが(写真5番目)。こちらのノートは多分昭和30年代か20年代の物だと思います。モンチッチの流行は40年代末から50年代の初め頃だったでしょうか?

DSC 5849 2 DSC 5853 2 DSC 5856 2 DSC 5858 3

今日「白蛇神」というお店を発見しました。今までも出ていたそうですが、私は今日初めて気が付きました。写真の白いヘビがいて、そのヘビの抜け殻を使ったお守り数種類を売っていました。ヘビは青大将だとのことでしたが、結構大きくて体長2mは超えると思われました(写真7番目)。金運が上がると言っていたので、写真の右側のお守り一つを買いました。分かり難いですが、白蛇の抜け殻入りです。左の巳の根付はおまけです(写真8番目)。目的は年末ジャンボ宝くじなんですけどね(笑)。5億円欲しいです(笑)。と思っていたら今年の年末ジャンボの賞金は1等前後賞合わせて10億円でした!24日(水)発売で、この日が大安吉日ですので、必ずこの日に買いに行きます(笑)。白蛇さんをお守りと財布を持った手の上に這わせてもらいましたところ、肩のあたりまでスルスルと上がって来てましたので、多分運気がいいのでしょう。期待してしまいますよね(笑)。お守りは財布に入れています。

DSC 5788 2 DSC 5834 2 DSC 5877 2 DSC 5870 2

昨夜の晩酌(おかえりなさいの割れ継三島平盃の巻)

カテゴリ: 昨夜の晩酌 作成日:2021年11月06日(土)

DSC 5779 2朝夕めっきり冷え込んで参りました今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

これは今年お亡くなりになった吉本新喜劇のチャーリー浜さんの数多いギャグの中の一つです。このフレーズは、実際の気候とは関係なく使うところがギャグだったのですが、ここ数日はこれがギャグにならない気候ですね。ただ、朝晩は冷えるのですが、昼間の日差しが強い時は結構暑いです。うちの店は南向きの2階で窓が大きいため、昼前から午後2時3時頃までは暑いのですが、それ以降になると急に冷えてきます。今は昼過ぎでお天気もいいため、店内は暑いくらいですので、入口とベランダの扉を開け放しています。

そう言えば先日、コメディー№1で坂田利夫さんとコンビを組んでおられた前田五郎さんもお亡くなりになられましたね。さみしい限りです。ご冥福をお祈りいたします。

久しぶりの昨夜の晩酌です。実のところ、晩ご飯の時には、ほぼ毎晩ビール(正確にはサッポロの「麦とホップ」)を飲んでいますが、日本酒を飲むのは本当に久しぶりになります。毎晩ビール(正確にはサッポロの「麦とホップ」)を飲んでいても1日2食にしてからは、ずっと糖尿の数値(HbA1c)の方は安定しています。

昨夜は、直しに預けていた三島の平盃が帰ってきましたので、それを使って一杯やってみました。こちらの三島平盃は、もう多分15年以上前にソウルの仁寺洞で購入したものですが、その時は割れた部分を共直ししてありました。しかしながら、薄手でサイズのいい三島でしたので、思い切って購入し家で煮沸して表面の樹脂を落としては見たのですが、それ以来、一度も使ったことはありませんでした。今回、無事金継ぎされて帰ってきましたので、初めて使ってみました。口径が最大でも9.8cmと三島の盃としては、なかなか得難いサイズです。割れた4つのパーツが金継ぎされていますが、3つは割れ継ぎで、1つが呼び継ぎです。もう1箇所口縁の欠けに金継ぎがあります。写真は2枚目の写真が現物に近いです。3枚目と4枚目は青く出てしまいました。そんなに青くはありません。今回使ってみて、もう少し自分で使ってみたくなりました。

徳利の方は、もう今回でこちらには4回目の登板ぐらいになると思います。サイズのいい三島の徳利です。口に2箇所の欠けを金継ぎしてあります。容量1合2勺程と独酌に最適なサイズです。釉薬の状態がよく艶々していて触り心地がよいです。穴も大きくて酒の出がよいです。可愛らしくて好きな徳利の一つです。

焼き魚は李朝初期の堅手大皿に、もずく酢は高麗青磁の小鉢に、玉子豆腐は三島の小皿に、それぞれ盛り付けてみました。焼き魚はホッケなのですが、大き過ぎてお皿からはみ出てしまいました(笑)。これ以上大きな皿が家にはありませんので仕方が無かったんです(笑)。

明日7日(第1日曜)は東寺ガラクタ市の開催日です。緊急態宣言がも解除され、開催中止の案内も今まで出ていませんので、予定通り開催されるでしょう。明日は、朝起きられたら少し覗いてこようと思っています(笑)。

DSC 5754 2 DSC 5758 2 DSC 5764 2

今日から11月 昨日の総選挙 2021

カテゴリ: 李朝好き 作成日:2021年11月01日(月)

今日から11月です。今年のも残すところあと2か月ですね。

その前に、昨日は衆議院議員総選挙でしたね。皆さん投票に行きましたか?私はもちろん行って来ましたよ。

今回の総選挙は、コロナ禍のなか国民の関心か高まっているので投票率は上がるだろうの、与党は自公両党で過半数の議席を得られるかギリギリの状態だの、立憲民主党と共産党の選挙協力で小選挙区の自民党候補苦戦だのと、事前にマスコミは言ってましたが、蓋を開けてみたら自公で293議席獲得、自民は単独で過半数しかも単独で、安定的に国会を運営できる「絶対安定多数」の261議席を確保。一方で、立憲民主党は14、共産党は2それぞれ議席を減らしました。結局は与党の大勝でしたね。

投票率の方も55.93%前後となる見込みのようで、これは戦後3番目に低い水準のようですよ(笑)。でも、この投票率の低さは大問題ですよね。

それにしても、維新の大躍進はすごいですね。30議席増の41議席獲得で第3政党になってしまいました。これも吉村効果なんでしょうかね。でも、小選挙区で勝ったのは、ほぼ大阪だけですから、全国区の政党には成れてないというのが維新の大きな課題でしょうけどね。

前振りが長くなってしましましたが、今月は現在のところ新型コロナ新規感染者数の方も減少が続いていますので、このまま行けば今月も骨董関係のイベントは予定通り開催されるでしょう。

まず、7日(第1日曜)は東寺ガラクタ市が、21日(日)は東寺・弘法市が、25日(木)は北野天満宮・天神市がそれぞれ開催の予定です。10日(水)は平安蚤の市(開催場所:左京区岡崎公園内平安神宮前広場)が、同じ岡崎公園内のみやこめっせ(京都勧業会館)で10日(水)と11日(木)に古裂會の第121回入札オークション下見会が開催されます。今回は【特集】SAMUARAI 武具 です。10日(水)に岡崎公園に行けば、両方を1日で見学できますね。古裂會のオークション下見会は屋内会場ですが、広い会場に来場者は数十人台の少人数ですので、密を心配する必要はありません。それでも、マスク着用、手消毒等の感染症対策は引き続き怠りなくして行きましょう。

今月は25日の天神さんがいいお天気で、ちりめんじゃこのお店が出ることを願っています(笑)。

DSC 5745 2 DSC 1582 2 DSC 1711 2 DSC 5746 2

第81回 京都アンティークフェア開催中

カテゴリ: 李朝好き 作成日:2021年10月29日(金)

DSC 5722 2本日(10/29)から31日(日)までの3日間、京都市伏見区竹田の京都パルスプラザで京都アンティークフェアが開催中です。前回は6月がコロナ禍による緊急事態宣言発出下であったため7月の開催となりましたが、本来京都アンティークフェアは、3月・6月・10月の年3回開催される西日本最大規模の骨董市です。

以前は会場として1階と2階を使用していましたが、ここ1年半ほどは1階のみを使用しています。コロナ禍で出店数が減っていたのですが、緊急事態宣言解除と新規感染者の減少から出店が増えるかと思いきや、今回もやはり1階のみの使用での開催となったようです。以前多い時は全国から300店以上が集まっていたのですけどね。

平安蚤の市に出店される骨董の会のお仲間のTさんご夫婦も、もう長くこちらに器の直しの店を出店されています。以前は2階に出店されていましたが、ここしばらくは1階に出店されているとのことです。

開催時間は10:00~17:00(最終日は16:00まで)です。期間中は地下鉄竹田駅から会場のパルスプラザまで無料送迎バスが出ています。

私は今回もまた行かないことにしました。緊急事態宣言が解除され、新規感染者数も減少し落ち着いているとは言え、こういう時に解放感から人出、移動、外食、飲み会などがどっと増え、リバウンドによる感染の再拡大が起こることは、これまで学んできた通りです。予想される第6波の到来をより遅く小規模に抑えるためには、引き続き感染症対策を怠らない生活の継続が大事ですからね。まだ当分は屋内施設での大規模イベントは避けたいと思っています。

イベントへのご来場の際には、マスク着用、手消毒、ソーシャルディスタンスの確保など、感染防止対策を徹底していただきますよう、何卒よろしくお願いいたします。

京都アンティークフェアの公式ホームページは、こちらからご確認ください。 http://www.gomoku-do.com/

平安蚤の市 10月27日 特別開催

カテゴリ: 李朝好き 作成日:2021年10月27日(水)

DSC 5684 2今日27日は平安蚤の市の特別開催でした。平安蚤の市は基本毎月1度10日(日にちについては月によっては変更もあり)に開催されるのですが、今月は2回開催です。これまで3月に2回開催をしていたのですが、10月に2回開催するのは今回が初めてでした。どういった狙いがあって、今回の特別開催することになったのかという疑問を、開催本部の方で訊いてみたところ、季節のいいこの時期は出店希望者が多いため、今月2回開催にしたとのことでした。ちなみに、12月も10日と26日の2回開催です。

今日はお天気も良く、ここ数日に比べると暖かかったため、出店も人出も多かったですね。前回は雨の予報であったため、出店の方がやや少なかったのですが、今日は空地はほとんど見られませんでした。

骨董の会のお仲間のTさんご夫婦は、今日はこちらには出店しておられませんでした。明後日29日(金)からの京都アンティークフェアの準備があるため、今回はパスされたようです。Tさんご夫婦は毎回京都アンティークフェアに器の直しのお店を出店されます。

古裂會さんは今回も出店されていましたね。古裂會さんのオークション下見会は、また来月の10日(水)・11日(木)に同じ岡崎公園内のみやこめっせ(京都市勧業館)で開催されます。先日自宅にカタログが届いてましたが、残念ながら今回もやっぱり韓国物が少ないんですよね。

こちらの蚤の市も、韓国物はほとんど扱っている店がありません。今日、あるお店で見つけた何点かの値段を訊いてみたんですが、高かったですね。お店価格でしたね。露店の値段じゃなかったです。うちの店の方が安いです(笑)。

DSC 5705 2 DSC 5692 2 DSC 5690 2 DSC 5698 2

 今日気になったものは。「よろずや」のシールが大量に(笑)。このデザインで「たばこ」と書かれた看板が、子供の頃にあったと思うのですが、記憶違いでしょうか? こんなところにストラディバリウスが! って嘘ですよ、もちろん(笑)。多くのクマとイヌのぬいぐるみがワサッと置かれていますが、その中の左の大きいクマちゃんの顔が悪い(笑)。目がつりあがって実に悪い顔してます。拡大してご確認ください。こんな悪い顔したクマちゃんは初めて見ました(笑)。サンタ姿のプーさんは、ちょっとフライングかな。まだ10月ですからね。でも、もうそんな時期なんですね。月日が経つのは早いですね。

初めにも少し触れましたが、平安蚤の市は、京都市左京区 岡崎公園内の平安神宮前広場で基本毎月10日に開催される蚤の市です。多い時は150店舗近くの骨董店、古道具店、古着店が全国より集まります。次回は11月10日(水)に開催の予定です。

この日も水曜日と定休日ですので、みやこめっせの古裂會さんの下見会と1度に見られてお得ですね(笑)。

DSC 5686 2 DSC 5708 2 DSC 5695 3 DSC 5700 2

雨の天神さん 2021.10

カテゴリ: 李朝好き 作成日:2021年10月25日(月)

DSC 5622 2今日は25日で北野天満宮の天神市の日でした。3か月ぶりに開催ということで朝から行って来ましたが、お天気の方が朝から雨です。私が現地に着いたのが9時頃でしたが、ポツポツとかいうような感じではなく、普通に傘差す必要がある程度に降ってましたから。正に「21日(弘法さん)が天気よいなら25日(天神さん)は雨が降る」と言われる昔からの言い伝え通りになってしまいましたね。

昨日の天気予報でも、今日25日は朝から一日中雨とのことでしたので、予想はしていたんですけどね。

そうなると当然のことながら、露店の出店の方は少なくなります。一日雨ということは人の出が少ない、そうなると露店の売り上げはあがらない、出店取りやめる業者が増えるということですね。古物を扱う店、飲食の店、全てが少なかったです。

せっかく、緊急事態宣言も解除され、新型コロナ感染者数も大幅に減少しているというのに、残念なことでした。感染状況が落ち着いていることから、修学旅行生の姿も見られましたね。しかしながら、境内の参道もその東側の道も御前通も空地だらけでした。予想して行ったんですが、やっぱり残念でした。

骨董の収獲はもちろんのこと、天神さんの楽しみの一つでもあるチリメンジャコも、やはり今回はお店が出ていませんでした。お店の出る場所は大鳥居を越えて直ぐのところなんですが、4番目の写真のように今日は空き地でした。しかしながら、長野県のNさんにお米のお返しをしなければならないので、御前通に出ていた山椒ちりめんのお店で山椒ちりめんを2種買いました。それから干し芋も今日は忘れずに買いました(笑)。今日の収獲はこれだけです(笑)。

明後日27日は、基本毎月10日に開催される平安蚤の市の特別開催があります。場所は同じ左京区岡崎公園内の平安神宮前広場です。27日は水曜日で定休日ですので、ちょっとゆっくり見学して来ましょうかね。

DSC 5632 2 DSC 5634 2 DSC 5624 2 DSC 5677 2

Copyright © 韓国骨董李好 All Rights Reserved. login